データ入力ソフトウェアでデータベースを作成する方法とは?

紙面に書かれた大量の文字や文章、設計図などをデジタル変換するために
パソコンのキーボードやマウスを用いてコンピューターに移し変えていく「データ入力」は、
テキストの分量によってはかなりの労力と時間、人員を使う大作業となることも多くなります。

ですが、打ち込みの効率を大きく上げる専用のユーティリティーを使うと、よりスムーズにデータベースなどの
コンテンツの作成作業がはかどるようになり、インプットの実行に大変役に立ちます。

データーの打ち込みに役立つユーティリティ

データ入力ソフトは電気店やパソコンショップ、またはインターネットの
ソフトウェア・ダウンロードショップサイトで販売されています。

データ入力やデータベースの作成用ソフトウェアには、Microsoft ExcelやACCESS、そしてそれらのツールを
さらに活用するための補助用のツールや、伝票・納品書などを簡易に作成するための便利なユーティリティーが揃っています。

また、コンピューターのサポート店でも、ある程度の作業を請け負ってもらえるサービスが実施されているところもあります。




ExcelやWordの活用

例として、「伝票作成」のソフトウェアは入金伝票や出金伝票、
また領収書、請求書、納品書などをデジタルでデータをキーボードやタッチパッドで入力して、作成します。

複数のコンピューターをBluetooth(ブルートゥース)により無線を通して、スイッチで切り換えして使用する、
ワイヤレス型のキーボードも便利です。

Excelの活用型アプリケーションソフトは、マークシートに特殊な線を引いたりと作図機能を使用できます。

総務関連のツールでは、給与計算のデータ集計を行うシートを作成します。

Microsoft Access用のデータベースソフトでは、求人票などを作成します。

カレンダーの入力用ソフトでは、日ごとにデータ入力を行って、一覧に表示して予定のメモを付けます。

そしてMicrosoft Wordやメモ帳などのテキストエディタでは長い文章を入力して保存していくこともできます。

間違えてデータを消去した場合の復旧の措置

注意点として、操作を間違えると作成したデータの文字を上書きしてしまったり
削除してしまうことがあるため、それを防ぐために、多くのソフトウェアに付いている
取り消しや自動バックアップといった機能を設定して活用されることをおすすめします。

※データファイル復元のアプリケーションソフトウェアにつきましては、別ページの項目リストをご参照ください。

間違えて削除したファイルを直すには、一般の個人では措置のできることに限界があるため、
プロのデータ復旧サービスに注文をされてみることが最も確実な修復の方法になります。