データ吸い出しによる移し変えの処置とは?

数年間長く使い込んだパソコンのハードディスクドライブが古くなって
ヘッドクラッシュなどの物理障害を引き起こして故障した時は、
OSが開けず読み込みが不可能になるため、内部のデータを吸い出す必要があります。

またノートパソコン、USBフラッシュメモリ、デジタルカメラ、LinkStation、Landisk
といった手持ちの機器を床に落としたり水濡れさせて壊してしまった時には、

電子機器の破損を部品交換で直せれば良いのですが、水没や焼き焦げなどの
重度の損壊で大破している時にはデータ吸い出しの処置が必須となる場合もあります。

HDDやSSD、microSDHCメモリーカードといったコンピューター補助用の部品は、
それ自体がパーツであるため、パソコンが壊れた時にCPUや液晶モニタ、電源など
破壊された部品のみ交換すれば直る、というようにはいかないのが難点です。

外付け(external)の製品でUSBコネクタやカードリーダーに挿入する接続端子が
折れ曲がったりさび付いただけでも、保存したファイルやフォルダは
読み取れなくなる場合が多く、ある種、記録メディアはデリケートな面もあります。

(防水仕様の高い製品でしたら少し水に濡れたり土などで汚れた位でしたら
すぐ拭き取れば壊れたりはせず、洗濯機にうっかり入れて回してしまっても
簡単に壊れないように出来ている優れたUSBメモリもあります。

また、ノートパソコンは専用の衝撃吸収カバー/バッグに入れておけば
持ち運びの衝撃で受けるダメージが大分抑えられます。)

それでもいつかは故障してしまうのが全ての機械の寿命というものなのですが、
データーを記録しているディスク面やチップの部分まで破損しているとは
限りませんので、また中身の装置分解で吸い出す事で解決できるかもしれません。

例えば外側の接続端子や、内部回路の一部が壊れたとしても一番重要な箇所が
無事であれば、まだデータそのものは取り出せる見込みがあります。

また、デジタルカメラが割れたり水を被ったりして壊れた場合に、
差し込んであるSDメモリカードの写真画像ファイルや本体内蔵メモリから
データの吸出しはできる?というご質問について。

カメラ本体に入っている予備用のメモリーや差し込んだSDカード自体が無傷で、
割れたり錆びたりしていない 状態でしたら、本体から取り外して読み込みができます。

内蔵メモリの方は、USBケーブルでデジタルカメラが認識できて読み出しできなければ
自分自身では難しくなるので、 メーカーの修理サポートか専門のデータ復旧サービスで
写真画像データを内部から吸い出ししてもらうことになります。





USBメモリを使ってのデータ吸い出しの方法は、まず「ファイナルデータ」など
USBブート機能があるデータ復元ソフトとUSBメモリを購入します。

別のパソコンにインストール用ディスクとUSBメモリを挿入して、マニュアル手順にしたがって、
リムーバブルディスクとして起動して復元作業を実践できる、USBブート機能を作成します。

これで、故障したPCにDVDドライブが搭載されてなくてもファイナルデータの機能を
書き写したUSBメモリを USBポートに挿入するだけで、データのスキャンと復元が実行できます。

メーカーサポートに出す場合

ノートパソコンやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、モバイル端末の場合は、
液晶モニタ/パネルが割れて映らなくなっただけでしたら、モニタを交換してもらうか、
カスタマーサービスからファイルを読み込んで吸い出してもらい、
新しい製品に丸ごと移し変えてもらうことで解決できます。

コンピューター機器とアダプター

またOSがシステム異常を引き起こしてデスクトップ画面が開けない時も、
他の種類のOSをCDブートで認識させて開いてからバックアップを取ったり、
システム修復ツールで回復させて見て修理する事で大抵は処置が出来ます。

しかし、内蔵ハードデイスクや内蔵メモリ、SDカード、MOやDVD-RAMのディスクなどが
そのまま物理的に破損してコンピューターから読み込めなくなっている場合は、
ユーザー個人や普通のパソコンサービスでは専門外になり、直すのが難しくなります。

その場合は専用の設備で記憶装置を分解して、内部のファイルなどを
吸い出ししてもらえるサポートのあるデータ復旧センターに注文をして
別の記憶メディアに移し変えて回収してもらうのが唯一の対処法になります。



『「データ復旧とは?」のカテゴリーの前後のページ』

«

»