認識できないHDDからのデータ吸出しを実践するには?

パソコンや外付けのハードディスク、NASなどのデータ記憶装置を使用している際にある時、
アクセスエラーやシステムの破損、あるいはまたはフォーマットが異なるために
エクスプローラーなどの画面で開けずに認識ができなくなってしまったら、

自分自身ではどのようにすれば内部のファイルやフォルダーを吸出しして、
データの復旧を実践する、またはサービスで作業を行ってもらうことはできる?という疑問について。

主なHDDの製品の一覧

・IBM(アイビーエム):600Gb FC 4Gbps 15K E-DDM HDD
・HP(ヒューレット・パッカード): 500GB FATA HDD 増設用 370790-B22
・BUFFALO(バッファロー):テラステーション 5400RH用オプション 交換用HDD 6TB OP-HD6.0H
・I-O DATA(アイ・オー・データ):USB 3.0/2.0対応 「カクうす」1.0TB HDPX-UTA1.0S
・日立GST(HITACHI) :Deskstar P7K500(500GB/SATA3G/7200rpm/16MB) HDP725050GLA360
・東芝(TOSHIBA): USB3.0外付け HDD (2.0TB) HD-ED20TK
・WesternDigital WD3200BEKT ScorpioBlack 2.5inch 7200rpm 320GB 16MB SATA/3.0Gbs
・AVANTEK:外付けハードディスク 2.5-3.5インチ外付けハードディスク用HDDスタンド
・MARSHAL(マーシャル): MAL3500SA-W72 リフレッシュHDD 3.5インチ SATA 500GB
・Seagate(シーゲート):NAS HDD 3.5inch 2TB 5900rpm SATA6.0G ST2000VN000

別のオペレーティングシステムからHDDを読み込むには?

まず、ハードディスクの読み込みは、重度の物理障害による故障以外のトラブルの場合は、
別の手法を使って自身で開き直せる見込みのあるケースもあります。

例えば、アクセスエラーが発生した場合や、コントローラーに一部、問題が起きている場合、
Windowsで正常に開けなくなることがあります。

ですが、AppleのmacOS(Macintosh)やLinux(Ubuntuなど)のオペレーティングシステムのパソコンを起動して、
そちらに外付けまたは増設で接続してみると、正常にHDDのディレクトリが開けて、
中身の保存されているファイルをコピーして吸出しできる事もあります。

外付けのハードディスクのケースをから取り出すには?

また、USBハードディスクの製品や、ポータブルタイプ製品、カートリッジ型などをお使いの際に、
外殻の専用ケースが故障すると、認識できない状態になりやすいのですが、
ケースに内蔵されているHDDとディスク盤は無傷で自体が故障していない可能性も高いです。

この場合には、ケースの固定ネジドライバーで外して蓋を開けます。

内部の回路であるコントローラーボードのコネクタからHDDのインターフェースをスライドさせて
外付けハードディスクケースからの抜き取を丁寧に実践します。

この作業は、専門のデータリカバリーサービスセンターであれば、専用の設備により、
より丁寧かつ確実的に、行ってもらうことができます。

デスクトップパソコンに増設してデータを開くには?

デスクトップパソコンをお持ちであれば、PCケースのカバーを外して、
マザーボードのコネクタに予備のSATAケーブルを差し込みます。

空きのドライブベイに、(2.5インチ型のHDDであれば変換マウンターに配置して)
取り出ししたハードディスクを軽くネジ止めして、
電源ケーブルの中間コネクタとSATAケーブルのコネクタに差し込みします。

(IDE方式のハードディスクの場合は、IDEケーブルと、対応されたコネクタが必要です。)

USBから外部でHDDにアクセスするには?

あるいは、別売の外付け用ドライブケースかUSB変換ユニットに差し替えて、
USBケーブルを通してパソコンへの接続を実践してみます。

これで電源を起動して、新しいボリュームの認識ができて、ファイルが開ければ、
そのままバックアップを取って、データの吸出しの作業に成功です。

最初の一回目の起動ではBIOSやディスク管理画面でストレージが表示されない事があるので、
その際には再起動して、もう一度認識できるか試してみます。

NASなどフォーマットが異なる機器の場合は?

LANDISKやTeraStation、LinkStationなどのNAS(ネットワークアタッチストレージ)が急に故障して、
中身のハードディスクが読み込みできなくなった場合には、
そのままケース内のHDDを取り出してパソコンに差し替えても、形式が異なるため認識ができません。

しかし、エクスプローラーやFinderでディレクトリが表示できないというだけで、ボリューム自体は認識されます。

そこで、データ復元ソフトウェアの『復旧天使』など、NASの「XFS」などのフォーマットに対応された
アプリケーションをパソコンにインストール・セットアップして、
こちらを起動して開くと、中身のファイルが認識されて、データが抽出できます。

しかし、上記のような専用の読み取りに使うパーツが製品、アプリケーションが必要なので、
それぞれ新しく購入する必要ができる場合が多いです。

データ吸出しの作業が自身では少し難しそうな場合や、ハードディスク自体も物理障害で
深刻な故障が出ていると見られる場合には、プロのデータ復旧サービス業者に問い合わせて、
中身の記憶装置を送付して、診断と救出作業を行ってもらわれることをおすすめします。