SSDがUSB接続や増設で認識されない時に復旧するには?

SSDで動作していたパソコンのマザーボードが故障してBIOS画面も出なくなり、 保存されていたデータを
復旧するためにSSDを取り外して外部ケースを使ってUSB接続しても、接続先のパソコンでディスクが
思った通りに認識されない、といった場合の復旧の方法は?というご質問について。

まず、SSDが致命的に壊れてしまっていたりすると、読み込みができなくなります。

また、「ディスクの初期化」をしてしまうと、保存データは全て削除されます。

マザーボードが壊れただけでしたらSSDは通常、連動で故障はしないものなのですが、
ひとまずほかのパソコンでデバイスの認識がされている状態であれば、
まだ重度障害ではない可能性は高いです。

デスクトップパソコンの場合、空きの電源ケーブルとマザーボードのコネクタにつなげて
増設する形で読み込むともしくは正常に認識できるかもしれません。

またSSDの製造メーカー先のホームページで「S.M.A.R.T.」という、
ハードディスクやSSDのモニタリング管理ソフトが配布されています。

こちらをパソコンにインストールして、SSDを増設またはUSB接続した状態で
読み込みして検査を行ってみます。

エラー修復の機能が搭載されているツールでしたら、
その機能にて問題の解消を試してみると復旧できるかもしれません。

ディスクの初期化を行なってしまうとデータが消えてしまうので
くれぐれも行われないようにご注意ください。

Mac OS XやLinuxディストリビューションのOSで読み込みをすると
USB接続や増設したSSDのデータが認識されて開ける可能性もあります。





自作のPCで、BIOSではSSDもHDDも読み込みはできるものの、PC(マイコンピューター)では
フォーマットしても認識されない、という場合、新しくハードディスクを搭載して認識させる際に、
Windowsスタートのマイコンピューターを右クリックして「管理」を押します。

次に記憶域の「ディスクの管理」の項目を選んで、ディスク1などの名前で
「不明」という項目があれば右クリックして「ディスクの初期化」を選んでOKを押します。

パーティションを分割する際には、PCの用途に合わせて任意で割り振りを決めます。

お使いのパソコンの動作や読み込み速度が重い・遅いといった
操作時の速度に問題がある時は、パソコン快適化ソフトを使って軽くしたり、
メモリやCPUを交換してスペックを向上させてみてください。

SSDがどうしても認識されない場合は、もしバックアップをまだ行っていないファイルがあって
そちらを取り出ししたい、という際には、専門のデータ復旧サービスに注文をされてみることも推奨します。



『「SSD内部の救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»