Dドライブにあらかじめデータを移動して後で復元する方法

パソコンのハードディスクドライブは通常(出荷時の状態)では、マイコンピューターから見ると
Cドライブ(プライマリパーティション)のみが表示されています。

その下に「リムーバブル記憶域があるデバイス」の項目があり、3.5インチFD(A:)やCDドライブ(D:)、
リムーバブルディスク(E:)といった周辺機器が表示されていく仕組みです。

Dドライブへのデータの移動とは?

そのままHDDの設定に特に変更を加えずに使用していると、データファイルや
アプリケーションソフトウェアのフォルダーはすべて、ローカルディスク(C:)の中に保存されていきます。

ですが、ハードディスクの最大容量に十分な余裕がある時は、パーティションを分割作成して、
新しくDドライブやEドライブと、最大4つまで割り当てをして運用していく方法が役立ちます。

パソコンで自分で作成したファイルは主に、マイドキュメント内にあるマイピクチャやマイミュージック、
マイビデオ、新しいフォルダーなどの保管場所に書き込みしておく場合が多いです。

これらのファイルを移動する前に、間違えて削除してしまった時は、
まだ専用のユーティリティを使用したり、専門のサポートで復元ができる見込みがあります。




セカンダリパーティションのフォルダーの読み込み

しかし、メインで使用するシステムドライブ(C)に大量の重いファイルを溜めておくと、次第に
フォルダーを開いたり、インストールしたソフトウェアで読み込む時の展開速度が遅くなっていきます。

また、もしもそのうちシステムエラーやプログラムの破損が起きてしまいOSがまともに
起動できなくなった場合、Cドライブの内部に保存したファイルも開くことが難しくなってしまいます。

そこで、事前に作成したDドライブ(セカンダリパーティション)に[Document and Setting]などの
重要なフォルダーを移動して、そちらで保管をしておけばOS上での読み込みや書き出しも
スムーズになり、プライマリパーティションが壊れた場合も、データは安全に後で復活できます。

ですが、バックアップしていた分がない状態で、Dドライブのボリュームから、
重要なファイルの表示が消えてしまった時は、それ以上の上書き保存を控えて、
プロのデータリカバリーのサービスに問い合わせて、修復をしてもらわれることを推奨します。




ボリュームの移行のデータのコピーの手順

まず、デスクトップの画面左下のスタートメニューからマイコンピューターを開いて、左側メニューの
「その他」にあるマイドキュメントを右クリックしてプロパティの画面を開きます。

ターゲットのタブ下側にある「移動」を押して、『移動先の選択』メニューにDドライブのアイコンが
しっかりと表示されていたらそれを選択して、OKを押します。そしてコピー完了します。

HDDやSSDから表示が消えたファイルは後から復元できる?

もちろん他の新規作成フォルダーやファイルも普通に右クリックでのコピー&ペーストで
Dドライブの内部に作ったフォルダーの領域に移動・コピーして、
バックアップをどんどん作っていくことも可能です。

これで、Windows 10のパソコンのCドライブに重大な問題が発生した時でも、
DドライブやEドライブの予備データからファイルを読み込んで、
OSのクリーンインストール後にコピーや移動をし直して復元する、といった回復方法が使えます。

専門のデータ復旧サービスで修復してもらう

ですが、パーティションの分割を行うためにはHDDを白紙同然にしておく
必要があるため、なるべくPCを購入した直後か新品交換した直後に実行しましょう。

また、ハードディスクがヘッド障害や老朽化、災害による衝撃や高電圧などの物理的なダメージで
破壊されてしまうと、Dドライブも含めて丸ごと中身が読み込めなくなってしまいますので、
別の外付けHDDなどの記憶媒体にも大事なファイルのバックアップは取っておくことをお薦めします。

もしもバックアップがない状態でHDDが故障した場合は、データ復旧サービスセンターに、
パソコン、またはハードディスクを出して、
内部の分解・抽出作業により復元をしてもらうのが、唯一の解決策になります。