未割り当てと認識される状態を復旧するには?

ハードディスクドライブやメモリーカードなどのデータ記憶媒体を使用している際、
内部に数十GBから数百GBの「未割り当て領域」が出来ている事があります。

本来、設定の変更無しではユーザーが直接アクセスできない場所です。

しかしこの未割り当て領域にはバックアップやシステム設定などの
大事なデーターが保存されている設定になっているケースもあります。

そのためパーティションの分割などで記憶領域の割当てを変えると、『システムの復元』などの
アプリケーションソフトウェアで自動保存されている必要な保存データが消えてしまう危険もありますので
HDDの使用状態を変更する際には、こういった細かい面での注意もが必要です。

しかし外付けHDDなどの外部接続メディアの場合でも、新しくファイルを書き出ししている時に
書き込みエラーが発生し、その後パソコンのデバイスからは初期化されていない未フォーマット状態
と表示されて認識できなくなるトラブルが発生する事例も存在します。

認識エラーが起きた場合、まずはスタートメニューの「マイコンピュータ」を
右クリックして「管理」を選択し、「コンピューターの管理」画面を開きます。

次にメニューの『ディスクの管理』を開くと、各接続ドライブの一覧が表示されて、
そこにもし「未割り当て」と書かれていたら、
下手にいじると間違えて初期化してしまうおそれがあるためご注意下さい。





まずは正常に読み込みできない記憶ドライブまたはメモリーカードを一度PCから一度取り外しましょう。

しばらくメディアを置いて熱を冷ましてから、再起動したパソコンか
または別のマシンに接続しなおして、もう一度読み込みを試みてみます。

それでも未割り当ての状態として認識されている時は、それ以上読み込みを続けると
エラーの症状が悪化してしまうおそれもありますので、また一旦、機器を取り外します。

内蔵ハードディスクドライブでしたら、システムの復元や起動ディスクなど
回復手段もいくつか用意されています。

しかしメモリーカードや外付けディスクには使用できないため、これらの媒体の未割り当て状態を
直すには、データ復旧サービスセンターにて専門の設備により修復をしてもらうか、
内部データを抽出してもらい他の記憶媒体に移行してもらう方法をお薦めします。



『「リムーバブルディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«

»