不要なファイルデータの完全抹消ツールとは?

「データの完全削除」とは、大破して使えなくなったコンピューター製品や
故障して廃棄処分する予定のハードディスクドライブ、リムーバブルメディアなどの
記憶装置に残ってしまい取り出せなくなったファイルやデータの痕跡、
を第三者に拾われたり復元されたりして悪用される事態を防ぐための措置となります。

しかし他にも、故障ではなくまだ使える機器だけど消去したデータの痕跡を
完全に抹消しておきたい、という時にも役立ちます。

例えば不特定多数の人が使う共有用パソコンやファイルサーバ、業務用パソコン、
また、持ち運びや交換、受け渡しを頻繁に行うUSBメモリーカードやSDカード、外付けHDD、
NAS、RAID、xDピクチャーカード、CR-RW、DVD-RW、MO、メモリースティックなど
外部接続型記憶メディアの場合はさらに注意が必要になりますね。

一度、第三者にデータ記録メディアを預けたり受け渡す際に、ディレクトリの内部に
余分なファイルの痕跡が残っていては、万が一個人のプライベート関連や企業機密のデータを
勝手に修復されて使われてしまうアクシデントが起きる可能性も0ではありません。

特にデータ記憶メディアの一番上の階層領域であるルートディレクトリにうっかり重要なデータを
削除せずにそのままにして貸し出しや譲渡、廃棄を行うのはセキュリティ上で危険です。

そこでいつでもお手軽に使用できるデータの完全抹消ツール、
または専門の削除・破砕消去サービスが助かります。

主なデータ削除ソフトウェアには、DESTROY3.1B、DelererSE、ディスク消えるんです!1、
ProDeleter、CompleteDelete、HRC、ファイル完全削除ソフト、DGLighter、シュレッダー.Net、
DataEraser、確実!ファイル消去、透明ドライブ、DiskErase、ピーマンFD、完璧!HDD消去
などがあります。

USBメモリや外付けハードディスクなどの補助記憶装置からデーターの痕跡を一切残さずに、
セキュリティ対策を行うにはこういったソフトウェアが役立ちます。





パソコンにユーティリティーをインストール・セットアップしてから、対象のデータ記憶装置を
USBケーブルで接続したりやDVDドライブへの挿入、
あるいはHDDをドライブベイに増設でしたりして、読み込みます。

ウィンドウの画面の手順に従って、完全消去の手順を実行して、廃棄処分の準備は完了です。

できれば更に、物理的にディスクに傷を付けておくなどをすればより確実です。

しかし、物理的に機械が破損してデバイスマネージャーに認識できなくなってしまった場合だと
プログラムツールからディレクトリを読み込みすることができずに、消す事ができません。

パソコンでWindowsやMac OS Xなどのオペレーティングシステムが問題を起こしていて
デスクトップ画面が開けないトラブルが発生している時も同様です。

それらの際には専門のデータ完全削除サービス、
または機器の破砕消去サービスにて作業を行ってもらうことを推奨します。



『「セキュリティの設定」のカテゴリーの前後のページ』

«

»