電源が切れたはずみで機器が壊れてデータが開けない時は?

パソコンやデジタルカメラ、モバイル端末、NAS、RAIDケース、レコーダーといった電子機器をUSB接続やインターネット接続をして、電源供給を行いながらの使用中に、誤ってパソコンか外部装置の電源を落としてしまったり、停電が起きてしまうことがあります。

その時にデータの保存が正常に終了せず、そのはずみでデータが一部消えてしまったり、装置が開かなくなる故障が発生した時、ファイルの復旧はできる?というご質問について。

ファイルの読み込み直し

まず、バックアップなどデータの保存中にパソコンの電源の遮断により失敗してしまい、内蔵メモリまたはHDDやmicroSDカードなどに作られているはずのファイルが存在していない、という場合は、まだ肝心のファイルが出来ていないため復元する物がなく、復旧しようがない状態となった可能性もあり、最初からまた保存をし直すのが一番確実です。

保存したデータを入れた内蔵メモリまたはHDDやmicroSDカードなどを外部ケースの本体から取り外してパソコンにUSBカードリーダーやUSB変換ユニットで接続して読み込める製品でしたら、リムーバブルディスクとしてデータが開けます。

またはHDDなどを取り外してパソコンに増設できて、ファイルシステムが違っても読み込める対応のソフトウェアをインストールすることで、スキャンして自身でデータの取り出しを試みることもできます。

拡張子が消えてしまった場合は、症状にもよるのですが、それ以上メモリ―カードやHDDに他のデータを上書きしていなければ、高い確率でソフトウェアでの復旧ができます。

できるだけ確実に元に戻したい場合は、プロのデータ復旧サービス店に申し込まれてみることをお薦めします。





コンピューター内の指定したフォルダーの中に新しくファイルが追加で保存されたり上書き変更・削除されて更新された時に表示されるお知らせが届いていれば、操作は完了しています。

ですが、業務用で使う最大容量の大きいハードディスクを搭載したパソコンや、サーバー、ワークステーション、RAIDなど大量のデータを取り扱い、頻繁にフォルダの中身をチェックする必要がある場合は、ファイルの書き換え自体に時間がかかります。

また、パソコン上でも電源の設定を、用途に合わせて調節されてゆかれることが望ましいです。

ほか、電源装置といったコンピューターの回路が破損したりした時に、復旧を試みる方法についてはこちら。

データ記録装置の回路を自分で分解すると故障を招く?

電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには?

電源の防護

PCやサーバのローカルフォルダだけでなく、ネットワーク上にあるスペースのほかのユーザーにも提供されているサーバーのシステムを導入されている場合には、機器の破損でデータが開けなくなるトラブルが深刻になるおそれがあります。

そのため、いざという時のアクシデントに備えて、無停電電源装置(UPS)を設置して、停電で電源が切れたはずみで機器が壊れてしまう障害の対策を施していくことを推奨します。

停電や落雷による電流・電圧の負荷といった原因で電子機器のコントローラーボードが焼き焦げてしまう、といった物理的な故障が起きた場合は、その製品は壊れてしまい、交換しなければならない場合があります。

ファイルをミスして削除した場合でしたら、まだパソコンからも フォルダを読み込めますし、microSDカードなら本体から外せばよいのですが、 もし内蔵のHDDやフラッシュメモリも一緒に物理的に壊れてしまったりすると 保存していたデータも個人では読み込めなくなります。

機器の内部パーツを分解して読み出すのは一般の人では難しいので、場所が限られるのですが、故障した状態からの復旧を取り扱われている専門のデータ復旧サービス会社に見てもらう必要があります。