データ記録装置の回路を自分で分解すると故障を招く?

壊れたハードディスクやUSBフラッシュメモリなどのデータ記録装置を自分で分解してみたけど
直らなかった、という話題をたまに目にするのですが、パソコン本体の部品を取り外して
交換する作業とは違い記憶メディアの中身は、ご自身での分解修理は決してお薦めできません。

異物の侵入による物理的な破損

一般の方で専門知識の無い方ではそもそも、どの部品や回路がどう故障しているのか
正確に掴めないという事もあるのですが、一番の理由は中身を開いた瞬間に、空気中に浮遊している
ホコリや小さなゴミ、湿気がパーツの表面や隙間に付着してしまうためです。

ミリ以下の単位で構成されているパーツも含まれていますので、
ほんのわずかな異物が侵入だけでも十分に破損の危険があります。

間接的な原因であるハード・エラーではなく、本当に直接的な物理障害が起きて、
完全な故障を招いてしまい余計に直せなくなってしまいます。

HDDには、特殊な名称の部品が複数組み込まれています。

まず、「プラッタ」とは、数枚が重なって取り付けられている記録用のディスクです。

「スピンドルモーター」とは、書き込み用の円盤を回転させるためのモーターです。

「アクチュエータ」とは、アームの根元に当たる部分で、動作を調節する仕組みを持つ部品です。

「シリンダ」とは、数枚のディスクの同一円心上にあるトラックを纏めている回路です。

そして「磁気ヘッド」とは、高速で回転するディスクにデーターを書き出す先端の装置で、
 アームヘッド部分をスイングするための腕に当たるパーツです。

HDDは特に精密機器で、個人で直すのは難しく、また消耗品の扱いでもあるため、
基本的には、壊れた時に内部のデータを救出するには、プロのデータリカバリーサービスに
注文をして、別の補助記憶措置に移し替えてもらう形になります。




通常では消耗品とも言える記憶メディア

HDDやリムーバブル・メディアをはじめ全てのデータ記録装置はむしろ一つの消耗品として
考えた方が良く、壊れた時は新しく新品を買って代用する、くらいでむしろちょうど良い使い方です。

故障を直したり分解してもらう必要がある事態とは、中に保存していたデジタルのファイル
読み込み不可のために閉じ込められていてバックアップもなく、内部から取り出す他はない、
という場合が主です。

データ復旧センターやパソコン修理サービスの専門の設備と技術でなければ
回路を分解して修復させることができませんので、
中身のファイルを引き出したい時は、やはり専門業者のデータ復旧サービスの方に依頼をして、
サルベージの作業を行ってもらうことをおすすめします。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»