デスクトップ画面上に表示されたファイルを移動

デスクトップ(desktop)は、MicrosoftのWindowsやアップル社のMac OSといった
オペレーティングシステムのパソコンで、コンピューターを起動してから
ロゴマークなどの後に表示される、作業を開始できる基本的な画面です。

この画面にはアプリケーションやフォルダ、ファイルを展開するための
ショートカット」というアイコンが並んでいます。

このショートカット自体はあくまでプログラムにアクセスして起動するためのアイコンで
それ自体がデータの本体というわけではなく、容量も数KBしかありません。

なので間違えてショートカットアイコンを削除してしまっても、
あとでまた簡単にデスクトップ上に表示させて元に戻す事ができます。




普通のショートカットアイコンを復元する場合

ゴミ箱を開いて対象のアイコンを選んで「元に戻す」を選ぶとデスクトップ画面上に復活します。

ゴミ箱にもうなかったり直接消去してしまった場合は、「マイコンピューター」の
「Program Files」等からアプリケーションやファイルが置いてあるフォルダを開きます。

ツールを構成している拡張子の一覧にある同じマークの縮小アイコンを見つけて、
それを右クリックして、「送る」⇒デスクトップ(ショートカットを作成)を
選んで入力すると、再びデスクトップ画面にショートカットアイコンが表示されます。

ファイルやフォルダの場合

しかしたまに、デスクトップ画面にファイルやフォルダの本体そのものを保存していて
ショートカットと見分けがつきにくいように表示させている場合があります。

ファイルやフォルダのショートカットアイコンには、名称の後に「ショートカット」と書かれています。
(ファイル名が長すぎると表示されない事があります。)

ですがファイルやフォルダ名のみ書かれているアイコンは本体そのものである事が多く、
プロパテイを確認してみると数MB~数十MBと明らかに容量も多めになっています。

特にインターネット上から保存してきたデータは、たまにマイドキュメントや
Program Filesではなく、「デスクトップ」に保存されることがあるのでご注意ください。

Windowsのデスクトップ画面

気づいたらすぐに適切な場所にそのファイルやフォルダを増設したHDDやSSD、
または外付けハードディスクやRAID、NASなどのデータ記憶装置に移動した方が安全です。

「デスクトップ」のアイコンが保存されているフォルダは
「Windows XP」や「Windows Vista」、「Windows 7、8、10」の場合、マイコンピューターの
ローカルディスク(C:)⇒ユーザー⇒ユーザー名⇒デスクトップ の位置にあります。

そこからCドライブ上の適切な位置にファイルを移動しておきましょう。

稀に気づかずにショートカットと間違えて、後で移動させないまま
整理整頓の時に削除してしまう、といったトラブルの例もあります。

ゴミ箱に残っていればまだそこから元に戻せるのですが、もし残っていなかったら
元に戻すにはデータ復元の措置による復旧作業が必要になります。



『「フォルダーの消失」のカテゴリーの前後のページ』

«

»