ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧

ディレクトリサーバーは、長時間の連続での稼動や、
外部のクライアントからのアクセスやログインの集中により、一台のサーバーに負荷がかかることがあります。

また、コンピューターに記憶されているデータを、HDDの容量ギリギリまで埋めてしまったり、
PCウィルスやトロイの木馬などの有害なファームウェアが混じってしまうことで、
ディレクトリ、またはファイルが壊れてしまう可能性があります。

あるいは、誤って必要なファイルを消去したり、NASのRAIDのディスクアレイ構成の設定変更などの作業で、
間違えてフォーマットしてしまうトラブルが起きた場合には、
どのようにすればディレクトリサーバーとその内部のデータを復旧することができる?という疑問について。

ファームウェアのエラーから回復するには?

まず、NASの機器に組み込まれている制御用ソフトウェアの『ファームウェア』(Firmware)に、
エラーが発生して停止状態になった場合について。

そうなってしまうと、多くの場合はウェブ設定などの機能が使えずに開けなくなり、
データが保存されているディレクトリにも、エクスプローラーなどからアクセスできなくなります。

その際には、製品のメーカー先のホームページにパソコンからアクセスして、
専用の「ファームウェア・アップデーター」のプログラムをセットアップします。

そして手順に従って、LinkStationやTeraStation、LANDISKといったNASのファームウェアを更新すると、
壊れたファイルやシステムが上書きにより修復されて、ビジー状態からの復旧ができます。

ハードディスクに書き込まれた、個人用の個別のファイルは修復されません。

大事なデータの拡張子が破損していた場合は、専門のサービスで復旧をしてもらうのが最も確実です。




ディレクトリサーバーのファイルを復元するには?

次に、NASの本体が中身のコントローラーなどのパーツの破損などで壊れてしまったり、
RAIDのディスクアレイやディレクトリ構造などが崩壊して故障した場合について。

まずは、ハードディスクを一台取り出しして、パソコンに増設などで接続します。

復旧天使など、ファイルサーバのファイルシステムに対応されたデータ復元ソフトを
購入してセットアップすると、HDDの中身のデータを読み込んだり、
消えたファイルをドライブスキャンで検出して復元を試みることもできます。

またサーバは、パソコンよりもさらに複雑で対応されているソフトウェアが少なめのため、
こちらも、プロのデータ復旧サービスセンターで行ってもらう方がより確実です。




システムが壊れた時に初期化(フォーマット)を実行

次に、ディレクトリサーバーにコンピューターウィルスなどが入って一部が壊れてしまった場合について。

まずは、専用の機材やアプリケーションソフトウェアが揃っていて可能であれば、サーバ内で駆除をするか、
ハードディスクを取り出ししてパソコンに増設か外付けで接続をして、
アンチウィルスソフトのスキャンを掛けてみてください。

または、メーカーのカスタマーサポートセンターに問い合わせてみてください。

ウェブ設定変更のページが開ける場合は、そちらから「初期化」などの復旧の手順を試されてみてください。

また、コンピューターウィルスに感染する原因と防御の方法については、こちらのページにて。

開放型のプロトコルによるディレクトリサービスを運営するための、ディレクトリサーバ(directory server)で、
ネットワーク上のフォルダーに保存していたファイルが壊れた場合は、
破損している拡張子自体が消えずにまだ残っていたら、
文字化けの修復や名前の変更、コードの書き換えなどの対処方法で、修復ができる可能性もあります。

ファイルサーバが熱暴走する状態を直す

また、ファイルサーバの冷却用ファンの通気口の網やプロペラに埃が大量に付着していたり、
熱が溜まりやすい配置に置いておくと、熱暴走で止まってしまう場合があります。

その時にはエラーランプが点灯したり、モニター上にエラーメッセージが表示されることがあります。

解説書やヘルプに従って、異物を取り除いて掃除をしたり、配置を変更して対処します。

一般の個人や企業用に幅広く普及した大容量記憶装置である、
『ディレクトリサーバー』(ファイルサーバ/NASなど)を使うと、
複数のコンピューターの端末にネットワークで接続してデータを取り扱うことができます。

その際に、様々な種類の大容量のデーターやプログラムを、
ディレクトリ化(階層化)して保管・運営する方法を導入すると、
個人・法人のデータや提供サービスなどのコンピューターを運営するのに非常に便利です。

UNIX系OSのルートディレクトリやカレントディレクトリなどの構成で、ファイルシステムを整理するなど、
コンピューターのシステムに、フォルダーで階層構造を構成することで、
ユーザーおきに、またはジャンルごとに区分けする方法が大変役立ちます。

その分、機材の設置には十分に気を使って運用していくことも大事です。

データ復旧サービスに出して修復してもらう

一方で、フォルダーの階層を深くしていくほど管理やプログラムの巡回に時間がかかりやすく、
サーバ機器への負荷がかかりやすくなったり、システムの設定ミスを起こしやすくなる可能性もあります。

そのため、ミラーリングやバックアップ、セキュリティソフトなどの導入で、
貴重なファイルを失わないように、ディレクトリサーバーを管理していくことが重要です。

また、機械の故障などのトラブルが起きた時にすぐに対処できるように、事前にサーバの修復を請け負われている、
専門のシステム管理サービスやデータ復旧センターについて、調べておかれることもおすすめします。