ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧

一般個人や企業用に幅広く普及した大容量記憶装置『ディレクトリサーバー』(ファイルサーバ/NASなど)
を使って、複数のコンピューターの端末にネットワークで接続してデータを取り扱ったり、
様々な種類の大容量のデーターやプログラムをディレクトリ化(階層化)して保管・運営する方法を
導入すると、個人・法人のデータや提供サービスなどのコンピューターを運営するのに非常に便利です。

UNIX系OSのルートディレクトリやカレントディレクトリなどの構成でファイルシステムを整理するなど、
コンピューターのシステムにフォルダで階層構造を構成する事でユーザーおきに、
またはジャンルごとに区分けする方法が大変役立ちます。

NASの認識

しかしながら長時間の連続稼動や、外部クライアントからのアクセス・ログインの集中により
一台のサーバーに負荷がかかったり、また記憶データをHDDの容量ギリギリまで埋めてしまったり、
PCウイルスやスパイウェアなどの有害なファームウェアが混じってしまう事で
ディレクトリまたはファイルが壊れてしまう場合があります。

あるいは、誤った必要なファイルを消去したり、NASのRAIDのディスクアレイ構成の
設定変更などの作業で間違えてフォーマットしてしまった場合など。

そんな時、どのようにすればディレクトリサーバーとその内部のデータを復旧できる?という疑問について。




システムの回復

まず、NASの機器に組み込まれている制御ソフトウェアの『ファームウェア』(Firmware)に
エラーが発生して停止状態になった場合は、ウェブ設定などの機能が使えず開けなくなり、
データが保存されているディレクトリにもエクスプローラーなどからアクセスできなくなります。

その際には、製品のメーカー先ホームページにパソコンからアクセスして、
専用の「ファームウェア・アップデーター」のプログラムをセットアップします。

そして手順に従って、LinkStationやTeraStation、LANDISKといったNASのファームウェアを更新すると、
壊れたファイ水やシステムが上書きにより修復されて、ビジー状態からの復旧ができます。

ハードディスクに書き込まれた個人用の個別のファイルは修復されません。
もしコンピューターウイルスなどが入ってしまった場合は、専用の機材やアプリケーションが
揃っていて可能であればハードディスクを取り出しして パソコンに増設か外付けで接続して、
アンチウイルスソフトのスキャンを掛けてみます。

またはメーカーのカスタマーサポートセンターに問い合わせてみてください。
ウェブ設定変更のページが開ける場合は、そちらから「初期化」などの回復の手順を試されてみてください。

ファイルサーバの冷却用ファンの通気口の網やプロペラに埃が大量に付着していたり、
熱が溜まりやすい配置に置いておくと、熱暴走で止まってしまう場合があります。

その場合には、エラーランプが点灯したりエラーメッセージが表示される事がありますので、
解説書やヘルプに従って異物を取り除いて掃除をしたり、配置を変更して対処します。

NASの本体が中身のコントローラーなどのパーツの破損などで壊れてしまったり、
RAIDのディスクアレイやディレクトリ構造などが崩壊して故障した場合は、
ハードディスクを一台取り出しして、パソコンに増設などで接続します。

復旧天使」など、ファイルサーバのファイルシステムに対応されたデータ復元ソフトを
購入してセットアップすると、HDDの中身のデータを読み込んだり、
消えたファイルをドライブスキャンで検出して復元を試みる事もできます。

また、フォルダーの階層を深くしていくほど管理やプログラムの巡回に時間がかかりやすく、
サーバ機器への負荷がかかりやすくなったり、システムの設定ミスを起こしやすくなる可能性もあります。

そのため、ミラーリングやバックアップ、セキュリティソフトなどの手法で貴重なファイルを
失わないようにディレクトリサーバーを管理していく事が重要です。

また、機械の故障などのトラブルが起きた時にすぐに対処できるように、事前に専門の
システム管理サービスやデータ復旧センターについて調べておかれる事もおすすめします。



『「サーバーダウンの復帰」のカテゴリーの前後のページ』

«

»