壊れた動画ファイルを修復するには?

パソコン上で動画のファイルを開いて視聴や編集をしようとした際、
『ファイルが壊れていて開けません。』『ファイル形式が無効です。』
といったエラーメッセージが表示されて再生や展開ができない場合について。

ビデオカメラのSDカード

まず、動画ファイルの拡張子はWMV・AAC・AC3・MMF・MP3・OGG・OMA・WMA・MOVといった種類が
数多くありますので、開こうとしているデータがそのソフトウェアで対応されているか、
再確認をしてみましょう。

拡張子にしっかりと対応されていたら、次に動画ファイルを格納してある
フォルダをマイコンピュータから開いて、プロパティ画面で異常のある動画の状態を確かめます。

サイズ(byte)や更新日時などのパラメータが正常に表示されていないと
動画ファイルのプログラムは破損している可能性が高いです。

もう一度どこかから同じものを入手できる場合はそちらからパソコンまたは外付けハードディスクに
保存し直す形でサルベージして、壊れた動画ファイルの方は削除しましょう。

しかしご自身で撮影したり編集をして作成した映像などの場合は、
バックアップが無ければ何とか修復を施す必要が出てきます。





まずは、有名な動画修復ソフトウェアの『DivFix++』あたりを使ってみましょう。

主にAVI形式などの動画ファイルの破損を復元できます。

使い方は圧縮解凍ソフトを同じく、PCにダウンロードして専用アイコンが出来たら、
そのアイコンに壊れたファイルをスクロールして合わせるとツールの修復作業が始まります。

これを用いて正常に再生できるようになれば、ひとまずは解決といえます。

他の特殊な形式で作られた映像データは、その拡張子に対応している専用ソフトウェアを使われてみてください。

ですがこれらのツール機能を用いても直せなかった場合は、専門のデータ復旧サービス店に
ファイルの記憶装置をお持込か郵送で送って貴重な動画データの破損を修復してもらいましょう。



『「ビデオカメラ動画の回復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»