HDDメディアプレーヤーで動画の映像が見れない時に修復

外付けHDDメディアプレーヤー【HDD MEDIA PLAYER】とは、
撮影した映像・画像データやソフトウェアで作成・編集した動画ファイルを
再生して鑑賞するためのレコーダー機器です。(価格は5000円~50000円程)

パソコンにはUSBから接続して、別売のハードディスクドライブを購入した後に
外付けHDDメディアプレーヤーに取り付けてパソコンのフォルダから動画データの交換や移し変えを行います。

外付けHDDは3.5インチ型を使う事が多く、交換によって
いくつものハードディスクに保存して画像を取り貯めておく事も出来ます。

しかし、HDDが老朽化やヘッドクラッシュ、接続不良などその他破損が原因で
読み込めなくなると動画の再生が出来なくなってしまいます。

外付けHDDメディアプレーヤーに動画や音楽・写真ファイルを移し変えた後
パソコンに入っている方のデータはそのまま消される前に、
他の捕縄記憶装置にも予備のバックアップを取って置かれたほうが良いでしょう。

基本的には、やはりプロのデータリカバリーサービスに補助記憶装置を出して、
ファイルの修復をしてもらわれることを推奨します。





またSDHCメモリーカードをプレーヤー機器に差し込んで
バックアップファイルをコピーする事も可能です。

データ復元ソフトを使用して復旧を行った音楽ファイルや動画データは、一度スピーカーかヘッドホンで
拡張子が破損せずに正常に修復できていて音や映像がしっかりと再生できるかどうかをご確認ください。

ヘッドホン

外付けHDDの方でシステムのエラーや有害コンピューターウイルスの被害、誤った動画削除や
フォーマット等でファイルが消えて読み込みが不可能になってしまった時は、
ファイナルデータやデータリカバリーといった、パソコンからインストールする
データ復元ソフトウェアを用いて修復作業を行う、という直し方が一つの方法として使えます。

しかし動画保管用のHDDが物理的に壊れていてデバイスマネージャにも認識出来ない時は、
データ復旧サービスに注文をして、中身を開いてもらい保存ファイルを抽出してもら方法が有効です。

また、ファイルを消去してからある程度の時間が経ってしまった場合も
専門のデータリカバリーサービス店の方で直してもらいましょう。



『「ビデオカメラ動画の回復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»