ハードディスクのドライブ文字が変わりデータが開けない時は?

Windowsのパソコンでエクスプローラーの画面から「コンピューター」を開いた時に、
通常はローカルディスク(C:)をはじめ、内蔵ハードディスクやSSD、
そして外付けのリムーバブルディスクなどのボリュームが一覧に表示されます。

この時に、以前に接続していたハードディスクドライブなどのデータ記憶メディアを
ある程度の期間が経ってから再度接続した際に、以前とはアルファベットのドライブ文字が
別のものになっている場合があります。

そうなると、一部のアプリケーションソフトでは、以前に開いていたソフトウェアや
ファイルの場所が認識できずにそのまま直接には開けなくなっていることがあるのですが、
その際にはどうすれば元に戻せる?という疑問について。

まず、スタートメニューかデスクトップからコントロールパネルを開き、
「管理ツール」→「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」と進みます。

一覧から対象のボリュームを選択して、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

ドライブ文字

「変更」のボタン押して、「次のドライブ文字を割り当てる」の項目にある
アルファベットの選択枠で、以前に振り分けられていた文字を選択します。

そして「OK」→「はい」と選択して、変更作業は完了です。





エクスプローラーかアプリケーションソフトを開いて、ドライブ文字が変更されているのを確認します。

そして対象のファイルが開けるかどうか試してみて、無事に展開できれば回復に成功です。

文字の変更

ハードディスクドライブだけでなく、SDメモリーカードやUSBメモリでも同じように、
データのアクセスに問題が発生した時はドライブ文字の変更を行なうことができます。

注意点として、間違えてほかの一緒に接続している内蔵・外付けのデータ記憶装置を
別のアルファベットにうっかり間違えて変更してしまわれないように作業の際にはお気を付けください。

文字の変更

もし、何かの重度のエラーが発生して内部のデータにアクセスができなくなったり、
間違えてクイックフォーマットをかけてすべてのファイルを消去してしまったりした時は、
それ以上は新しくデータの上書きなどをされず、
データ復旧サービスセンターにて注文をして、診てもらわれることをおすすめします。



『「パーティションの変更」のカテゴリーの前後のページ』

«

»