CドライブとDドライブを結合する手順

パソコンでハードディスクをCドライブとDドライブにパーティション分割して運用している場合に、
たまにCドライブの方ばかりにデータが集中してしまう事があります。

なぜならCドライブ[ローカルディスク(C:)]はOSやソフトウェアを直接入れて
メインで使うため、新しくインストールしたデータなどが次々に増えていくからです。

Cドライブの空き容量が減っていくと他のパーツの性能が良くてもだんだんコンピューターの
読み込み速度が遅くなって、動作遅延やエラーなどのトラブルが起きやすくなります。

対応の方法として、他の画像やテキストなど個別のファイルを
Dドライブや外付けHDDなど別の領域のフォルダに移し変えてデータの空き領域を拡大できます。

しかしそれだけではまだドライブの運用が不便になりがちです。

そこでDドライブをあまり使っていなかったらCドライブの方に
パーティションを結合させて、空き容量を移し変える事で使いやすくなります。




未割り当て領域の作成

まずスタートメニューのマイコンピュータでDドライブの空き領域を確認します。

Cドライブが圧迫されているのに対してDドライブの方に容量が相当余っていたら
「コンピュータ」を右クリックして「管理」→「ディスクの管理」を開きます。

(Windows7/8/10やVistaのみ可能。 WindowsXPなどの場合は専用ソフトをインストールして使います。)

ディスク0のDドライブの部分を右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。

するとDドライブのパーティションが無くなって、その容量分の未割り当て領域が作成されます。

次にCドライブの部分を右クリックして「ボリュームの拡張」を選択すると
「ボリュームの拡張ウィザード」が開くので、ディスク領域の数値を決めて
未割り当て領域を結合させて、空き領域を大幅に拡張できます。

これで、以前の状態よりCドライブを使いやすくなります。

ディスク0のDドライブの部分を右クリックして「ボリュームの削除」を選択する際、
「ボリュームの削除」ではなく「ボリュームの縮小」しか選択できない、という場合、

まず、まだディスク0のDドライブが「システムで予約済み」と表示されている場合は、
本来は削除しない方がいいです。

またお使いのパソコンの製品にもよるのですが、セカンダリ・パーティションを削除するには
ハードディスクのリカバリ(再インストール)のところから始めなければならない場合もあります。

パーティションを削除して結合させる作業の前に念のため、DドライブやCドライブにある
大事なファイルを外付けHDD/SSDやDVD-R、NAS、RAIDなどに差分バックアップをして、
万が一の際にいつでもデータ復旧ができるようにしておかれることをおすすめします。



『「パーティションの変更」のカテゴリーの前後のページ』

«

»