「以前のバージョンの復元」で上書きファイルを復旧するには?

Windows(ウィンドウズ)のパソコンにあるCドライブ(ローカルディスク(C:))の
「ドキュメント」や「ピクチャ」、「ミュージック」といったフォルダーの内部に
保存していた古いファイルを間違えて上書きして、以前の状態のデータが消えてしまった場合、
その個別ファイルのみを以前の状態に復元するにはどうすればいい?という疑問について。

まず、Windowsで事前に自動バックアップ機能を設定している必要があります。

※Windows 7やVistaでは「復元ポイント」(シャドウコピー)の機能、
 Windows 8/8.1/10では「復元ポイント」「ファイル履歴」になります。

こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズ・テン)でバックアップを設定した時の手順を解説いたします。

“以前のファイルのバックアップデータ”を事前に設定しておくには、パソコンに外付けハードディスクを接続します。

(または新しくハードディスクを空きドライブベイに増設する方法も使えます。)

バックアップデータを作成する手順

まず、コントロールパネルを開いて、カテゴリ表示画面の「システムとセキュリティ」にあります「バックアップと復元(Windows7)」を開きます。

「バックアップの設定」を開いて「バックアップを次に保存」の項目で対象のボリュームを選択して、「次へ」を押して、手順に従ってデータの保存を開始します。

しばらく待機して、データ書き込みの作業が完了したら、ハードディスクを取り外します。

その際、HDDに問題が起きていて正常に動かなかったり、異音が鳴っている場合は、
それ以上は動かさずに、プロのデータレスキューサービスの方にて見てもらうことを推奨します。

ファイルを復旧する手順

後にデータを上書きしてしまった時には、まず、以前のバージョンデータのバックアップをしたハードディスクをパソコンに再度接続します。

ファイルの拡張子を保存してあるフォルダーをエクスプローラーから開きます。

ファイルを選択して右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択してます。

「以前のバージョン」のタブを開きます。

ファイルのバージョン」の項目で復元したい日時のポイントを選択して、「復元」を押します。

次のウィンドウでもう一度「復元」を押すと、そのファイルに以前のデータが上書きし直される形で保存されます。

(※上書きした後のデータも取っておきたい場合は、「開く」を選択して、アプリケーションの方で 別名で保存します。)

(※ファイルを保存していたHDDにアクセスできない時には、 正常にコンピュータに繋がっているかどうか確認をしてください。)

そして、アプリケーションソフトで無事にその上書き前のファイルが開ければ、復旧に成功です。

事前にウィンドウズのバックアップ機能で上書きする前のデータを保存していなかった場合は、
クラウドコンピューティングやRAID、NASといった別の場所に対象のファイルを
コピーしていたかどうか、確認をされてみてください。

もしどこの場所にも以前のバージョンのバックアップデータが取れていなかった場合は、
多くの場合、個人ではファイルが元に戻らなくなるため、ご注意ください。

必要なファイルを上書きや消去機能で削除してしまい、どうしても何とか回復したい、
という際には、専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
ハードディスクを持ち込みまたは送付をして、診断をしてもらわれる方法もあります。