デバイスドライバを再インストールしてデータを開き直す方法

パソコンにUSBポートから接続して、保存されているデータの読み込みができる、
USBメモリや外付けハードディスクやRAIDケース、USBメモリ、また外部のDVD/BDドライブが、
ある時にデバイスの読み込みができなくなったら、どのようにすれば開き直せる?という疑問について。

USBポートにストレージのコネクタを差し替えてみる

まずはじめに、購入されたパソコン本体のUSBポート、または周辺機器のUSBケーブルなどに、
小さなごみや埃が詰まっていて、接続が阻害されていないかどうかをご確認ください。

また、どちらか片方のUSBの規格が合わない場合は認識がされないことがありますので、
試しにPCケースのほかのUSBポートに差し替えをされてみてください。

あるいは、USBハブや延長コードを通して繋げていた場合は、
一度試しに、直接パソコンの筐体にコネクタの差し込みをされてみてください。

もし外部のストレージのコネクタ自体が破損していて開けなくなった時は、
USBケーブルの新品をメーカーから取り寄せて、交換をされてみてください。

またケースの本体の差込口の方が損傷していて開けない時は、データ復旧のサービスに出して、
ストレージの内部に残っているファイルを取り出ししてもらうことができます。




デバイスマネージャーで再インストールを行う方法とは?

次に、USBでの接続自体には問題がなさそうでも、デバイスドライバ(Device Driver)の方に、
ソフトウェア的な不具合が出ていて、ボリュームが開けない状態になっている可能性があります。

例として、WindowsのOSでは通常、以下の手順でデバイスドライバの再インストールを行います。

まずはスタート画面かデスクトップから、コントロールパネルを開いてください。

アイコン表示の画面から「デバイスマネージャー」の項目をクリックします。

デバイスのツリーの一覧が表示されましたら、
「ディスクドライブ」や「ポータブルデバイス」の項目にある【>】のマークを押して、
対象のストレージのデバイス名に、エラーのマークが表示されているかどうかをご確認ください。

デバイスドライバをアンインストールして再度接続する

もし、「×や?、!」といったエラーのサインが表示されていましたら、
そちらの項目を右クリックして、「デバイスのアンインストール」をクリックすると、
対象のデバイスドライバのソフトウェアがコンピューター上から削除されます。

そしてUSBポートから外部のストレージのコネクタを引き抜いて、一度パソコンの電源を閉じてください。

再度PCの電源を付けてWindowsが立ち上がったら、もう一度USBポートに差し込みすると、
エラーが解消されて、アクセスの状態が復旧してボリュームと内部のデータが開き直せる見込みがあります。

また、OSの再インストールによる修復の方法は最終手段?という疑問については、こちらのページにて。

また、別のパソコン本体をお持ちであれば、試しにそちらのUSBポートに、
外付けハードディスクやDVD・ブルーレイドライブ、カードリーダーなどの接続をしてみる手法もあります。

それでもうまく行かず、ケースの基板などが破損していると思われる時は、
物理障害に対応されたデータ復活のサービスで、取り出しをしてもらわれることを推奨します。




周辺機器のドライバーのソフトウェアを更新する

ほかに、デバイスのドライバーソフトウェアが正しくインストールできていないために、
OSにしっかり認識されていない、というケースもあります。

こちらは、「ドライバーの更新」の方を押すと、デバイスドライバが最新のプログラムに書き換わります。

また、だいぶ前のWindowsでの操作の手順は、まず「ハードウェアの更新ウィザード」画面で、
「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選んで、[次へ]を選択します。

検索とインストールのオプションのメニューで、「次の場所で最適のドライバを検索する」を選択します。

リムーバブルディスク(周辺機器)の、インストール・セットアップ用のディスクを、
ドライブに挿入して、「次へ」を押します。

プログラムのインストールが行われますので、完了したらパソコンを再起動します。

そして無事に周辺機器が正常に動いて、ボリュームが認識できましたら、作業は完了です。

また例として、Windowsでドライバーを手動で更新する の解説も参考までに。

また、ビギナーの方でどうしてもわからない場合は、カスタマーサポートに連絡をされてみるか、
専門業者のPCトラブル解決のサービス店に、お問い合わせをされてみることをおすすめします。

データ復旧サービスでボリュームを開き直してもらう

ですが、もしまだ外部接続の機器の読み込みが正常にできない場合は、
製品に付属のマニュアルを参照に、エラーの状態について調べてみて、
もう一度解説書の手順に従って、インストールと接続の作業をされてみてください。

また、ハードディスクのプラッタやメモリーカードのチップといった回路が故障したと思われる時は、
通電をすると余計に損傷が悪化する危険があるため、それ以上の接続はお控えください。

その際にもやはり、プロのデータリカバリーのサービスに問い合わせて、
内部の残っているファイルの復旧を行ってもらわれることをおすすめします。