Outlookメールの受信データが消えていた時に復元するには?

MicrosoftのOutlookメール(アウトルック)の、受信トレイに入っていたEメールで、
受信トレイにあったデータが全部消えていた時は、どうすれば復元することができる?というご質問について。

Outlookの「受信トレイ.dbx」の隠しファイルを探してみる

まず、保存されているフォルダーには受信トレイ.dbxがあるものの、ごみ箱には受信トレイ.bakはなく、
Dbx.Rescueを解凍しても、「破損ファイル」と出て使用できず、Mail Export Toolを使用しても、
メールを読み込むことが出来なかった、という場合に回復をする手順について。

その際の解決方法については、ひとまずWindowsパソコンのエクスプローラーを開いて、
「表示」タブの「隠しファイル」にチェックを入れます。

たとえば、PC→ローカルディスク(C:)→ユーザー→ユーザー名→AppData→Local
→Microsoft→OutlookまたはOutlookExpress、とフォルダーを進めて開きます。

この中に、「受信トレイ.dbx」といった名前のファイルが入っていないか確認して、
こちらがあれば、マイクロソフト・アウトルックなどのメールソフトで開いてみてください。

この時点で、受信箱(Inbox)などから必要なファイルが消えていて、まただいぶ時間が経っていた場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターにて、修復を行ってもらわれることをおすすめします。




過去に削除したメールの受信データをバックアップから復元する

次に、事前にOutlook、またはほかのメールクライアントのソフトから、
エクスポートといった機能で、過去にメールデータをバックアップしていたかどうかをご確認ください。

また、インターネットサービスプロバイダの方に、ネットワーク上からログインして、
そちらのディレクトリで、メールの一覧が開けるかどうかもチェックされてみてください。

以前にクラウドストレージのサービスに登録していて、パソコンやモバイル端末内の、
特定のフォルダーの保存された受信メールなどのデータを、定期的に自動送信される設定を行っていましたら、
そちらからデータを引き出す形で、復元することもできます。

ほかに、フォルダーやファイルが消えていてすでになかった時には、予備でコピーを取る標準機能の、
「バックアップと復元」または「ファイル履歴」などを設定されていましたら、
特定のフォルダーに保存されているデータを、そちらから引き出して復旧することもできます。

あるいは、バックアップソフトを購入してインストールを行っていて、
そちらの機能を設定していれば、パソコンのHDDやSSDのデータをそちらから復活できる見込みもあります。

消えたPSTなどのメールをデータ復元ソフトで修復する方法とは?

次に、Microsoft Outlookで使用するPSTといった拡張子を失った時に、復元をする方法について。

まず、必要な電子メール(Electronic Mail)のファイルがゴミ箱といった場所にもなくて消えた場合は、
市販のデータ復元ソフトを購入して、そちらからドライブスキャンをかけて検出する方法があります。

たとえば、メールのファイルの復元ができるデータ復旧ソフトの修復 for Outlook PSTなどが役立ちます。

またはファイナルデータなど、Outlookの専用の修復機能が用意されているソフトウェアもあります。

パソコンのCドライブに該当する、ハードディスクやSSDにスキャンを掛ける時は、
データ復元ソフトをそのままインストールすると、その分の新しいファイル群が上書き保存されて、
ストレージのセクタに残っている、非表示状態の拡張子が消えてしまう可能性があります。

そのため、DVDやUSBメモリからのブート機能から、アプリケーションソフトの起動をされることを推奨します。

アウトルックのアカウントやメールアドレスの表示が消えた時は?

次に、マイクロソフト・アウトルックのメールアカウント、またメールアドレスの表示が、
いつの間にか設定がおかしくなって送受信ができなくなったり、表示が消えていた場合に復旧する方法について。

まず、Outlookのソフトのウィンドウの下の部分にある、「連絡先」や「タスク」のタブを開いて、
そちらにメールアドレスが表示されているかどうかをご確認ください。

もしMicrosoftのOutlookメールのアカウントの表示がおかしくなっていたら、
「ファイル」→「情報」の項目の「アカウント設定」で、
登録されているメールアドレスの状態を確認して、「修復」の項目で設定を直されてみてください。

完全に表示が消えてしまった時は、「システムの復元」などでパソコンの状態を巻き戻してみるか、
ファイル→「アカウントの追加」で、再度の登録をされてみてください。

または、後からWindowsのメールアプリやLiveメール、サンダーバードなどの、
別のクライアントソフトウェアをインストールしたり、使用していた際に、
そちらの方で設定したアカウントのデータとうっかり間違えていた、というケースもありえます。

複数の電子メールソフトを使用されている際には、念のため一通りの確認ををされてみてください。

ほか、例としてOutlookのメールデータを下書き保存機能から復元する方法については、こちらのページにて。

また当ホームページでは、パソコンやインターネットでお困りの際の、ユーザー様からいただけました、
ご質問・ご相談の事例に沿っての、アクシデント解消の方法に関するご回答なども記述しています。

PCやネットだけでなく、電子機器関連のQ&Aでしたら、幅広く受け付けています。

データ復旧サービスセンターでパソコンを見てもらう

もし、Outlookといったソフトウェアで受信したメールデータのバックアップができていなくて、
データ復元ソフトでも検出ができなかったら、ひとまず特に重要なテキストや添付ファイルが失われた時は、
送信元の方に問い合わせて、再度の同じ電子メールの転送を依頼されてみてください。

再送信などの対処ができず、どうしてもその失ったファイルを元に戻したい、いう際には、
やはりプロのデータ復旧サービスにパソコンを出して、見てもらわれることをおすすめします。