デバイスドライバの機器をインストールし直して修復するには?

プリンターや複合機、スキャナー、ペンタブレット、液晶ディスプレイ、コントローラー、ディスクドライブ、
デジタルカメラ、FAXといった周辺機器をパソコンに接続してデバイスに認識させる際、
プリンタなど特定の装置は専用のソフトウェアプログラムをインストールして使う物もあります。

これらのデバイス装置を普段使っている最中に、何らかのエラーやデバイス認識の不能トラブル、
またはソフトウェアの障害が起きて使えなくなった場合、もう一度最初からデバイスにインストールを
し直さなければ使えない、という場合もあります。

一度プログラムを消去

その際はまず、USBコネクタなどのポートから周辺機器へのコードを抜いて、
専用のアプリケーションソフトウェアの方も一旦、コントロールパネル⇒『プログラムの追加と削除』で
アンインストールして、システム・フォルダ上から消去しましょう。

デバイスマネージャの項目でに不明なマークのアイコン(?・!・×)がある時は、そちらも無効にします。

OS上から前の古いドライバのデータが消えたら、もう一度周辺機器をUSBポートなどの差込口に差し、
新しいハードウェアのデバイスとして再び認識させて、専用ソフトウェアを再度インストールします。

必ず、そのデバイス機器のセットアップマニュアルに従って順番に沿って接続やインストールを行います。

例えばプリンターの場合は、スタートメニュー⇒コントロールパネルで、
プリンタとその他のハードウェア』または『プリンタとFAX』の
アイコンを開き、⇒クリックで削除した後、パソコンを再起動して
ドライバへのインストールをし直す、という具合の手順です。

しかし、パソコン本体のOSやUSBコネクタが破損していたり、プリンターが故障している場合は、
パソコンの修理サポート店でハードウェアの故障やシステム障害を修理してもらう必要も出てきます。