デバイスドライバを追加してシステムが破損した時に復元するには?

パソコンに周辺機器をUSBケーブルなどで接続したら、次回からの起動ができなくなってしまったり
WindowsのOSの画面が開かなくなった、というケースは意外にも多く出ています。

例えば、USBフラッシュメモリをUSBポートに差し込んだまま再起動したらWindowsが起動せず、
かわりに青い背景と白文字の画面が表示されて止まってしまった、ということはよくあります。

これらの原因でシステムが破損した時には、どうすればコンピューターを復元することができる?という疑問について。

デバイスの機器の一覧

デバイスマネージャーの画面を確認すると表示される通り、ドライバには多くの電子機器があります。

DVD/CD-ROMドライブ、IDE ATA/ATAPI コントローラ、USB(Universal Serial Bus) コントローラ、
キーボード、コンピュータ、サウンド、ビデオ、コントローラー、システム デバイス、ディスク ドライブ、
ディスプレイ アダプタ、ネットワーク アダプタ、ヒューマン インターフェイス デバイス、
プロセッサ、ポート (COM と LPT)、マウスとそのほかのポインティング デバイス、モニタ、など。

周辺機器を外して、再度接続してみる

さらにプリンターやペンタブレット、スピーカー、外部記憶装置、USBカードリーダーなど
用途に応じて次々と追加されていき、中にはWindowsの起動に
支障をきたしてしまうトラブルが発生してしまう例もあります。

この際にはまず全ての周辺機器を外してから、もう一度接続をされてみてください。

それでも修復されない時には、パソコンを一旦、セーフモードで起動してみます。

Windowsパソコンの場合は、コントロールパネルのデバイスマネージャーの画面を開きます。

『不明なデバイス/!/?/×』の項目を削除して、パソコンを再起動してから
もう一度USBコネクタに接続すると、基本的にこれでデバイスドライバが復元されます。

また、コントロールパネルの「システムの復元」機能を有効にしていれば、
後に復元ポイントの時点までパソコンを巻き戻す形で、OSの状態を修復することもできます。

どうしても新しく周辺機器を接続したい場合はスペックや動作環境を改善するか、
メーカーやパソコン整備士の方にご相談をされてみると良いでしょう。