DVDプラスRWの書き換えや消去の後でデータを復元するには?

データの書き込みに使っていたDVD+RWディスクがある日読み込めなくなったり
間違ってフォーマットや削除で全部ファイルを消去してしまった場合、また裏面に
大きな引っかき傷や汚れが付いてしまった場合はどうすればいい?というトラブルの解消について。

まず、DVD+RWディスク自体がなぜか読み込めない、という場合は、
『ディスク認識エラーの解消用DVDレンズクリーナー』などを使って、裏面の汚れやキズを修繕してみましょう。

よほど大きな傷やひどい汚れの付着は市販の研磨機では十分に元に戻らないこともあるため
見た目難しそうでしたら修復の専門業者の方へ注文をされることをおすすめします。




各メーカーの販売製品

TDK(ティーディーケイ):データ用DVD+RW 1-4倍速インクジェットプリンタ対応ホワイト5枚パックD+RW47PB5S
三菱電機(MITSUBISHI):三菱化学メディア DTW47U104.7GB PCデータ用DVD+RW10枚
SONY(ソニー):DVD+RW 録画用120分4倍速対応ホワイトプリンタブル5枚パック5DPW12HPS
マクセル:maxellデータ用DVD+RW4.7GB4倍速対応インクジェットプリンタ対応ホワイト5枚5mmケース入D+RW47PWB.S1P5S

録画用ディスクの場合は画質や音質がこれで綺麗に戻ったり、
記録用ディスクの場合は正常にファイルが読み出せることもあります。

また初めて使う場合、お持ちのドライブ装置やレコーダー/プレーヤーが、
三菱電機
といった各製品のDVD+RWに正式に対応されているかどうかもご確認ください。
使用されるCD/DVDライティングソフトも確認されてみましょう。

次に、DVD+RWはちゃんと回るけれど中身のファイルが開けない、という場合は

『ファイナルデータ』というデータ復旧ソフトウェアを
パソコンにインストールして、削除や初期化で消去したファイルや壊れた拡張子など、あらゆる
論理障害の発生したDVD+RWを高確率で復活させることが可能です。

(Macintoshパソコンの場合はMac OS X対応の「データレスキュー3」などの復元ソフトを使用します。)

しかし、ソフトウェアを使っても100%ではなく、あくまで一定の確率で
DVDプラス内から復元できる見込みがある、と見てください。

DVD+RW(ディーブイディー・プラス・アールダブリュー)のディスクは、
DVD-RW(マイナス)と同じくデータの書き換えが可能なDVD規格の一つです。

記憶できる容量は片面4.7GB。

DVDマイナスとプラスとで名称が似ているのですが、
+の方が後から発売されて、より高い互換性があるディスク製品です。

追記型ディスクのDVD+Rと違い何度も書き換えや削除ができまして、
録画用と、パソコンでの記録用といった種類があります。

DVD+RWは『マイナス』の後で登場したため、DVDドライブやパソコンでは
再生や書き込みが対応できないものも多いのですが、近年のパソコンや
『BUFFALO USB2.0対応外付けDVDドライブDVD-RAM/±R/±RW DVD±R 2層対応20倍速DVSM-X20U2V』
といった読み込み可能な外付けDVDドライブで開くことができます。

また、消えたデータをより確実に修復するには、専門のデータ復旧サービスにて注文を行われた方が安全です。

復旧料金(診断・検証を含)も1万円以下から3万円くらいと、ハードディスクに比べて、
ずっと安価で済みますので、いざという緊急の時にもファイルの復元に大変助かります。