SDXCメモリーカードの保存データを読み込めない時は?

SDXCメモリーカード【スペル:SD eXtended Capacity memory card】
(読み:エスディーエックスシー メモリーカード)とは、SDHCメモリーカードの容量
32GB(ギガバイト)を超える最大容量が可能でありSDスピードクラス・CLASS10に対応に対応され
転送速度も高速化された上位規格のデータ記録用SDカード媒体です。

microSDXCカード

容量は最大で2TB(テラバイト)まで出来るとされていまして、パナソニックから
『Panasonic SDXCメモリーカード64GB RP-SDW64GJ1K』と
『Panasonic SDXCメモリーカード48GB RP-SDW48GJ1K』の2点が発売されています。

また後にmicroSDXCメモリーカード(マイクロエスディーエックスシーメモリーカード)も登場する予定です。

SDXCカードは現在主流のSD・SDHCカードに代わる新規格の、
高性能な次世代メディアとして今後の普及に期待されています。

登場したばかりでメーカー製品の種類はまだ少なく、使用する際にSDXC対応の
リーダーライターといった接続周辺機器も必要になりますので、対応できる機材の環境にご注意ください。





現在販売されている製品で48GB、64GBもの大容量のデーターを
パソコンに移し変えたり書き込み・書き換えする事ができます。

しかしその分、SDXCメモリーカードの中身にうっかり誤った削除や上書き保存、
フォーマットをしてしまい大容量のファイルやフォルダを消してしまったら
大変なので、間違った操作には特にお気をつけ下さい。

また、カードリーダーに強く差し込もうとして規格が欠けてしまったり
誤って水に濡らしてしまう、踏みつけてしまう、といった破損にも注意しましょう。
物理的に壊れてしまうとデバイスドライバから読み込めない事態となってしまいます。

他のSDカードと同じく小型かつ薄い装置、かつ高額な製品なので、
置き場にも気をつけて、使わない時は安全な保管場所に置いた方が良いでしょう。

もしSDXCメモリーカードに記録したファイルを失ってしまった場合、
または破損して読み込めないカードから内部のデータを読み出してもらう場合、

まだ最も新しい記憶メディアという事がありますのでデータ復元ソフトウェアを使って修復する場合や
データ復旧サービスに救出依頼を行われる際には、そのソフトの仕様やサービスのサポートが
SDXCメモリーカードでも可能かどうか、念のために確認をされてみてください。



『「SDカード」のカテゴリーの前後のページ』

«

»