CD-RやDVD-R、BD-Rのデータ書き込みに失敗したら?

パソコン用データ記録メディアの一種であるCD-R、DVD-R、BD-Rは、
安価である代わりに『一回きり』のファイル書き込みが可能なメディアです。

それぞれの媒体の最大容量以内でしたら拡張子ファイルやプログラム、フォルダを
何個、何MBでも自由に書き込みできるのですが、その代わり、1回で全部まとめて
コピー&ペースト」や「名前を付けて保存」等で行います。

最初にデータを保存する際に【追記モード】を選択すると、後から空き容量の分だけ
別のファイルを書き込んでつぎ足すことは出来るのですが、すでに書き込み済みの
データを上書きしたり削除・編集することはできません。
(パケットライト機能で例外的に同名ファイルを追加で保存することはできます。)

しかし保存する作業の進行中にエラーが発生して書き込みに失敗してしまったり、
書き込み作業の真っ最中に急にパソコンがフリーズしてしまったり、
停電や断線で電源が切れると、ファイルの書き込みが途中で止まってしまいます。

後者のような災害・人的なアクシデントはあまり頻繁には起こらないのですが、
前者の場合は一度にたくさんの重い拡張子をスペックが低めなパソコンで
書き込みすると、OSやCPUやメモリの処理能力を越えてしまい失敗することも多いです。

もしエラーの影響でパーツやHDDの破損が起きてパソコンが開かなくなってしまったら、
早急にPC修理サポート店やデータリカバリーサービスにて、復旧してもらうことをおすすめします。




ファイルを保存する際の注意

CD-R/DVD-R/BD-Rの場合、一回データを焼き込むのにミスしてしまうと
もうやり直しは不可能になってしまいますので、新しい別のディスクを用意して
そちらに改めてファイル群を書き直すしか方法はありません。

_DVDプラス

しかし、CD-RWやDVD-RWでしたらディスクの全体を一度初期化(フォーマット)して
やり直す事ができます。DVD-RAM(ディーブイディー・ラム)や
BD-RE(ブルーレイディスク・re)も同じく使い直しが可能なデータ記憶装置です。

そのかわりCD±Rに比べると1枚あたりの価格が高いため、販売用・配布用ディスク等を
大量に作る場合はCD-RやDVD-Rの方がコストパフォーマンス的にも向いています。

読み込み用ディスクの作成を注文できるデジタル企業や、パソコンの運用サポート店でも、
サービスのメニューによって、CD・DVD・BDへのデータ書き込みの作業を請け負ってもらえます。

また、ファイル書き込みの失敗で何らかの破損が起こり、もしディスク全体が
読み込めなくなって他の重要なファイルが開けなくなった時は、
専門のデータ復旧サービスの方で状態をチェックして修復を行ってもらわれることをおすすめします。



『「CD-R/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»