外部記憶装置の大容量化と低価格化

パソコンを扱う上でファイルデータのバックアップや持ち運びをするのに
必要不可欠なのが、リムーバブルディスクとなる外部記憶装置です。

以前はFD(フロッピーディスク)やCD-RWといった容量の低い媒体が中心で
高い容量を持つ保存用カード等はまだ登場していないか高額商品だったのですが、
現在では大容量化、小型化、そして低価格化が大変進み、
安価でお気軽に高い最大容量を持つ外部記憶装置を購入できるようになりました。

補助記憶装置の一例

・microSDカード
・xDピクチャーカード
・メモリースティック
・DVD-RAM
・BD-RE
・外付けHDD

と、外付けハードディスクドライブをはじめとする各機器を用いて
大規模なデータのバックアップを個人でも以前よりずっと楽に行う事ができます。

また一個辺りの値段もパソコン機器の進歩とともに日々 安値になっています。

例えばフラッシュメモリ (2GB~32GB)は1個辺り、
2GBでしたら600円~700円、8GBでしたら1200~2000円、32GBでしたら5200円~6500円くらいです。

microSDHCメモリーカード (4GB~16GB)は1枚辺り、
4GBは100円前後、8GBは1600円~2000円、16GBは4000円~500円くらいになります。

MOディスク(230MB~5.2GB)は1枚辺り、
230MBは400円~500円、1.3GBは1000円前後、2.3GBは1700円前後になります。

また5枚~10枚セットなど、ワンセットのボックスで購入するとよりお得です。

そして新しい記憶メディアや より高い性能と容量を持つ保存カード/ディスクも
続々とニュースサイトや電器店等にて発表・発売されています。




製品の値段の安価

BD-REなど次世代タイプのリムーバブルメディアを中心に、これから先も
外部記憶装置は大容量化と低価格化、両方の面で進歩していくでしょう。

SDカードの差し込み

ですが、保存できるデータファイルの量が多くなる分、もしもディスクやカードが割れたり水にかぶって
使えなくなってしまったり、誤って一括削除やフォーマットを実行して全消去してしまうと
データ損失のダメージもかなり大きなものになってしまいます。

データ復元サービスやソフトウェアも勿論いざという時に心強いのですが、
それでも100%確実に修復できるわけではないため、
外部記憶装置の日々のお取り扱いにも注意をされて行われる事も大切です。



『「ブルーレイディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«

»