emlファイルのメールデータを復元するには?

電子メールで使用されている、Eml形式の拡張子である「.eml」のメールデータを、
ある時にファイルを誤って削除してしまったら、過去のバックアップの分から表示を元に戻したり、
後から復元するにはどのようにすればいい?という際の解決方法について、解説いたします。

ゴミ箱に移行したemlファイルを元に戻す

まず、emlファイルは普通のほかの拡張子のファイルと同じく、
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderで開くフォルダーなどで、保存して収納ができます。

そのため、HDDやSSD上でそちらから間違えて削除した場合は、先にゴミ箱のフォルダーに移行します。

パソコンのデスクトップの画面からゴミ箱のアイコンを開いて、
お探しのEmlファイルがあればそちらを選択して、「元に戻す」で以前の場所に復元できます。

Macパソコンの場合は、USBメモリやSDカードなどのデータ記憶装置に保存していたファイルでも、
Finderから削除した場合は一度ゴミ箱フォルダーに移動しますので、同じように元の位置に戻します。

また、MicrosoftのOutlook(アウトルック)やMozillaのThunderbird(サンダーバード)、
Windows Liveメールなどのメールソフトで開いた状態で、誤って拡張子を削除した場合でも、
「削除済みアイテム」(ごみ箱)のフォルダーにemlのファイルが移動されています。

そちらを開いて、元のフォルダーにデータを移動することもできます。

ですが、ハードディスクやメモリーカード自体が故障していて開けない時は、
専門のデータリカバリーサービスに提出して、復旧をしてもらわれることをおすすめします。




電子メールのデータのバックアップを探してみる

次に、Shiftキー+Deleleキーやクイックフォーマットなど、
ゴミ箱に移動しない仕方で、emlファイルを消去してしまった場合について。

まず、Windowsの「ファイル履歴」や「バックアップと復元」、Macの「TimeMachine」といった、
バックアップの機能を事前にセットアップしていましたら、そちらを開いてみてください。

また、ネットワークのプロバイダや、ポータルサイトで取り扱っているメールのサービスで、
バックアップをしていたファイルの場合は、ウェブブラウザからサーバー上の管理画面を開いて、
対象の受信箱や送信箱のメールを開くか、エクスポートによる保存をされてみてください。

ほかの例として、dynabookのパソコンでの、eml形式でバックアップしたメールを復元する方法の解説も参考までに。

あるいは、インターネット上のクラウドストレージのサービスに登録していて、
特殊な専用のフォルダーにemlファイルを保存していましたら、
オンライン上のディレクトリに、コピーのデータが自動的に送信できている見込みもあります。

GoogleドライブやOneドライブ、iCloudといったクラウドストレージのサービスを、
メールのあるフォルダーに設定していましたら、
そちらを開いて予備のデータがないかどうかを、確認されてみてください。

予備のEメールのデータがなかった時に復元するには?

次に、バックアップデータがなかった時は、ひとまずはメールソフトを開いて、
メールアカウントの受信メールボックスや送信メールボックス、ゴミ箱などに、
まだ同じ元データや類似するメールが残っていないかどうかを、遡る形で探されてみてください。

それでもやはり見つからなかった場合は、市販のデータ復元ソフトを購入して、
(または先に使用の体験版を入手して)パソコンにドライブスキャンをかけて検出する方法もあります。

表示の消えた拡張子をデータ復元ソフトで修復する

例として、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」などの、
消えたEメールの復旧用の機能が搭載されている、データ復元ソフトを購入します。

パソコンのCドライブに当たるハードディスクやSSDを読み取る場合には、
インストールではなく、DVDディスクまたはUSBメモリからのブートで起動します。

emlファイルを保存していたHDDなどのボリュームに、ドライブスキャンをかけて読み込みます。

必要なメールデータの検出ができましたら、emlの拡張子を別のストレージのフォルダーに保存します。

そちらのメールデータを正常に開けるかどうか確認して、復元の作業は完了です。

また、Outlookメールの受信データが消えていた時に復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

OutlookやThunderbirdで取り扱っていた電子メールのデータを失った時も、同じく修復を試みることができます。

専門のデータ復旧サービスでパソコンを見てもらう

ですが、対象の拡張子が破損した状態で復元されたり、消えたデータの痕跡が検出ができない場合もあります。

より確実に、失ったEmlファイルなどのメールデータを復元したい時には、
専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、注文をされてみる方法もあります。

保存してあったハードディスクやメモリーカードを送付先に提出するか、インターネットからのリモート、
また時には出張サービスで見てもらう、といったさまざまなコースがあります。