送信したメールが戻ってくるエラーを解消するには?

パソコンをはじめとするコンピューター機器から、電子メール(Electronic mail)の機能や
ポータルサービスを使って、送信先のメールアドレスに文書や添付ファイルを送ろうとしたら、
「Mail System Error – Returned Mail」(メールシステムエラー リターンドメール)
というように書かれたメッセージが受信箱に届いていて送れていなかったり、
または発信自体ができないエラーが出たら、どうすれば解消できる?という疑問について。

メールアドレスを入力する際の表記のミス

まず、特によくある原因の例としまして、メールアドレスの入力ミスがあります。

アルファベットや数字の書き間違えがないかどうか、再度確認されてみてください。

「.」(ドット)と「,」(カンマ)、「-」(ハイフン)と「_」(アンダーバー)
それぞれ打ち間違えていたり、「小文字のアットマーク」を大文字で入力していると、
アドレスの相違で送信エラーが出てしまいます。

ご自身で所持されているメールサーバーに問題が出た場合には、
コンピューターのサポートセンターかシステム管理会社に問い合わせて
修理をしてもらわれることを推奨します。

電子メールのアドレスが変更されている

相手先がメールアドレスを変更して以前のメールアドレスを使用できないように設定していると、
送信しても届かないため、相手先に電話などで訊き直す必要が出てきます。

また、インターネット上からアカウント登録をするポータルサービスで運営されている
電子メールのアドレスに送る場合、そのEメールのサービスが終了していたり、
大幅にリニューアルをしている期間の場合は、届かず戻ってくることがあります。

クライアント側のサービスのメールサーバーに問題が発生していて修復中の場合には、
問題を問い合わせてみるか、しばらく待ってから、エラーの解消が完了した時に再度、送られてみてください。

Eメールサービスの状態を確認

メールアドレスをインターネットからコピーペーストにより宛先の欄に貼り付けする場合、
「@」を小文字に変換、または「☆」を小文字のアットマークに変換してください、
という注意書きが記されていることもあり、この変更をお忘れのないようにご注意ください。

また、添付ファイルの容量がかなり重い場合、送信先のメールサービスの
受信できる容量の制限を越えていたり、すでに受信ボックスで使用できる容量が
限界まで埋まっている場合は、送信エラーにより戻ってくることもあります。

こちらが添付ファイルの容量を減らしたり、回数を分けて送信したり、
または相手先にEメールの受信箱の空き容量を増やしてもらう、
または別のメールアドレスを教えてもらうなどで、送信エラーが解消できます。

受信の際にエラーが発生

また、受信されたメールアドレスのほかに連動で他のメールアドレスにも
自動的に送信されるように設定がなされている場合があります。

その場合には元々送ったメールアドレスに届いていて、
他のメールアドレスには受信時にエラーが発生して戻ってきた、という場合もあります。

ほかに、メールクライアントのソフトウェア、またはセキュリティ機能の制限の
設定によっては、パソコンとモバイルとの端末の違いなど、
特定の条件での送信メールが、メールサーバーに弾かれて戻ってくる場合もあります。

インターネットが正常に繋がっていない場合

インターネットにつながらず発信自体ができない時は、モデムや無線LANルーターが
しっかりと点灯しているか、または電波の届きにくい場所にいないかを確かめます。

お使いのパソコンや端末の機器自体が故障していると思われる場合は、
コンピューターの修理サービスセンターにて状態を見てもらい、直してもらわれることをお薦めします。

また、メールのファイルがパソコン上から誤った削除操作などで消えた場合には、
データ復旧サービスセンターの方で復元をしてもらうこともできます。