データを失う可能性が起こるトラブル障害とは?

パソコンのハードディスクやUSBメモリ、SDカード、外付けHDD、NASなどをはじめとした
電子ファイルをデジタル上に保存する『データ記憶メディア』。

これらには常に[データファイルの損傷や消失]のトラブルという危険もあります。

具体的にどういったトラブルでデータを失うことが起こりうるのか、その事例を一覧にして並べてみます。

データトラブルの事例

・HDDなどのパーツの物理的な故障による読み込み不可の状態。
・WindowsやMacOS Xなどのオペレーティングシステムのエラーの発生。
・DVD-RWやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなどの保存メディアの故障や寿命。
・操作中に誤ってファイルを削除してしまう。
・誤ってディスク(ボリューム)をフォーマットしてしまう。
・コンピューターウィルスやスパイウェアによる被害。
・落雷による電源のショートによる作業の中断事故。
・外部からの衝撃によるクラッシュ。
・第三者による誤った操作による共有フォルダーのデータの削除。

この記事を読まれた皆様もこういったデータトラブルの事例のどれかに
遭遇した経験がお有りではないかと思われます。

ファイルを間違って消去してしまうアクシデントの場合とディレクトリが論理的(システム的)に
壊れてしまう場合、そしてOA機器や保存したディスクが物理的に損傷してしまう場合と、
主にこの3つのトラブルパターンが考えられます。





データがなくなってしまう原因は、パソコンのプログラム上のシステムで
ファイルが削除ないし壊れて開けない損害の発生する場合が多くなります。

ブルースクリーンの発生や急なアプリケーションエラー、オペレーティングシステムのフリーズ
といった問題で、作業の途中で上書き保存の前に閉じてしまう場合などもよくある原因の一つです。

これらは、CPUやメモリをより性能の良い製品に交換したり、
Microsoft Officeシリーズのユーティリティーの自動保存と回復機能を活用したり、
またこまめに上書き保存とバックアップを行うことで、ある程度は防げます。

外付けハードディスクやクラウドストレージに自動差分更新のバックアップを
事前にセッティングしておくと、いざという時にはそちらからデータ復元ができます。

コンピューター装置の各種機材やデータ記憶ディスク、フラッシュメモリーカードなどの
内部回路の部品やコネクタ(インターフェース)が割れたりして故障したため
起動した時にデータの読み込みが出来なくなったり、突然機器が止まったはずみで
ファイルの書き換えミスが起こり、拡張子が破損する場合もあります。

後者の方がやはり、個人ではデータ復活が難しいことが多いです。

パソコン関連の修理サポート店や、より専門のデータ復旧サービスでは、
こういった事態にも対処ができるお役立ちの復元サービスが実施されています。

どうしても自力でパソコンや外付け記憶装置からデータが開かないため何とか回復したい、
という場合は、データ救出関連のサービスにて注文をされてみることをおすすめします。



『「フォルダーの消失」のカテゴリーの前後のページ』

»