Facebookのデータをパソコンに保存してバックアップ

現在、世界で最大級のSNS-ソーシャルネットワーキングサービスである「Facebook」(フェイスブック)は、
日本国内でも大勢の人々が個人・法人ともにアカウント登録をして幅広く活用しています。

Facebookでは普通のホームページやブログのようにテキスト文章や画像、またはアプリなどを
アップロードして、自身の専用ページを中心にコンテンツを築いていく事ができます。

一方で、登録したデータがその分次第に蓄積されていくため、
もしも何かフェイスブックにアクセスができなくなるようなトラブルが発生して
ウェブ上のデータを失う事がないように、定期的に対策を行っておくと安心です。

[トラブルの一例]

・以前に投稿したつぶやきのページや画像を削除してしまった。
・サーバーが重くて一時的にアクセスできなくなった。
・アカウントを間違えて削除してしまった。
・連携サービスの方での問題が起きて一部で不具合が発生した。
・アカウントの停止措置を受けてしまった。

まず、Facebookにはアカウントのデータを、パソコン上で新しいフォルダに
まとめてエクスポートする機能が設置されています。

この機能で、プロフィールのページの状態やアイコン、背景の画像、またアカウントの
設定した状態をhtmページにする形で保存してバックアップを行う事ができます。

最初に、フェイスブックにログインしてから画面右上にある歯車のアイコンの形をした
設定ボタンをクリックして、「アカウント設定」を選択して「一般アカウント設定」のページに入ります。

一覧の下の方にある「Facebookデータをダウンロード」の部分をクリックします。

Facebook

「アーカイブをダウンロード」のボタンを押します。

数秒~数時間後に、登録しているメールアドレス宛に
「あなたのFacebo​okデータのダウンロ​ードの準備ができまし​た」というタイトルのメールが受信箱に届きます。





メールがもし届いていない時は、迷惑メールボックスの方に入っているかもしれないので
そちらを開いてみてください。

データの保存

このメールの本文に貼り付けてあるFacebookのページに
専用のURLアドレスが載っていますので、これをクリックします。

通知メール

すると、もう一度[Facebookデータをダウンロード]のページが開きますのでもう一回
[アーカイブをダウンロード]のボタンを押すと、ファイル保存のウィンドウが表示されます。

フェイスブック

「保存」を押すと、パソコン上の「ダウンロード」や「デスクトップ」などの
指定のフォルダーに、Facebookの登録データがファイルとして作成されます。

facebook-ユーザーアカウント名」のフォルダに入っている
「html」のディレクトリには、[messages] [security] [settings]といった
各ページのhtmのファイルやcssのスタイルシートなどが入っています。

FBフォルダー

これらを一つずつ開くと、ウェブブラウザ上でFacebookのページと同じように
各主要ページを、バックアップした時と同じタイムラインの状態で見る事ができます。

しかし現在のところでは、エクスポートができても
保存したフォルダーを直接インポートする機能がない状態です。

もし何かのトラブルが起きたためにFacebook上でアカウントを再構築する際は、
このhtmページを参考に自分でデータを書き込みし直す必要があります。

[photos]のフォルダでは、プロフィールのアイコンや背景に使っている画像ファイルを開く事ができます。

この画像も同じで、アカウントを復元したい時には
もう一度、手動でフェイスブックにアップロードし直してください。

注意点として、「近況をアップデート」や「いいね!」「シェア」のボタンで投稿したつぶやきの記事や
画像ファイルは、このデータ保存の機能では現段階では一緒にエクスポートする事ができません。

なので、大事なつぶやきの文章や画像などのコンテンツは、こまめにコピー&ペーストや
画像の保存操作を使って手動でこまめにバックアップを行うようにしていきましょう。

また、その他の操作については設定アイコンの「ヘルプ」の項目で、
アップデートされた新機能を含めてチェックしていく事もできます。



『「インターネットのトラブル解決」のカテゴリーの前後のページ』

«

»