サイトで構築したページやシステムのデータを復旧するには?

ウェブサイトやブログで作成した、ページのHTML(HyperText Markup Language)のファイルや、
スタイルシート(CSS)、また構築したディレクトリが破損してしまい、
インターネットから開けなくなって失ったデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

ホームページとウェブログの構築の違いとは?

現在、ホームページ、またはブログサイトを立ち上げて管理されている方は大変多いです。

個人・企業を年齢層を問わずにウェブページの製作と閲覧がとても一般的に浸透してきています。

そこで、通常のホームページとブログ形式サイトの両方を作って運営されている方も大変多いかと思います。

あるいは、どちらか片方のみ製作された方も多いかと思われます。

HomePageとWeblogは同じウェブページという種類でありながらも、
HTML(HyperText Markup Language)やスタイルシート(CSS)のファイルをはじめとする、
データシステムの保存・投稿・送信の仕方が大分違います。

なので、まずはここが特に注意しなければならない点の一つです。

ホームページが破損した時に復元する手順とは?

もしHPのシステムが破損してしまった場合には、いくつかの手順での復元方法があります。

ホームページは基本的にまずレンタルサーバーまたはドメインを契約します。

次にホームページの作成ソフトなどを用いて、自分のPCのハードディスクの中で
HTMLページや画像ファイルといったHPを構成するデータベースを作成します。

各ページの組み合わせ方やタグは1ページずつ自由に変更できるのが強みです。
そして完成したらFTP機能などを用いてサーバー元にアップロードして完了です。

ホームページのデータは基本的に全て自宅のPC環境の中での管理になります。

なので、データのバックアップは必ず行うようにしてください。

レンタルサーバによっては、一週間分ほど、毎日システムのバックアップを自動で
行ってもらえてそこから復元できるサービスが実施されているところもあります。

もしHDDやメモリーカードから、間違ってサイトで使用しているログデータを削除したり、
誤って初期化をしてしまうなどのミスをしてディレクトリやシステムの構成が破損してしまった場合でも、
多くの場合はデータ復旧ソフトやデータ復元サービスの方で、修復ができる見込みがあります。




ブログが破損した時に復旧する手順とは?

次にFC2やseesaa、livedoorなど、ブログは基本的に各社のサーバー(DataBase)から、
DataSystemの全ページをインターネット上のサイバースペース内で管理してもらうことになります。

記事ページやカテゴリページなどが連動的に作成されるので、
ホームページと比べて1ページずつのタグ操作に自由が利かないという点があります。

ですが、かわりにRSSやサイトマップ、ページリストなどの
特殊コンテンツを自動で作成してもらえる強みがあります。

ブログで気をつけなければならないのは画像ファイルなどを除いて全ページが全て
サーバー元のデータベースに保存されていることです。

こちらはうっかり間違って消してしまったり、運営先でDBエラーなどのトラブルが起きて
データが万が一破損されてしまったら、バックアップがなければ元に戻す事ができません。

なので、時々『エクスポート』のサービス機能を使って全ページのHTMLソースを
お持ちのパソコンか、または外付けハードディスク、RAID、NASなどにバックアップをして、
いつでもデータ復旧ができるようにしておかれるようにすると安全です。

作成したホームページが開けない時にデータを修復する方法については、こちらのページにて。

エクスポートでバックアップしたデータから復元

ブログ移転の際のエクスポート・インポートの機能も大変便利です。

通常のホームページも同様に、レンタルサーバのファイルマネージャーや設定をバックアップして、
後から復旧できる機能が搭載されているサービスの企業も数多くあります。

GoogleドライブやOneDrive、iCloudなどのクラウドストレージのサービスに登録してネットワーク上で
同期しているフォルダーのデータが消えたり破損した場合は、パソコンの内蔵ハードディスクドライブか、
オンラインサービスのファイルマネージャーのどちらか片方に正常なファイルが保管をされていれば、
そちらを開いてコピーを取ることで拡張子を復元できる見込みもあります。

BAKファイルの拡張子名を変更して復旧する方法とは?

ホームページビルダーといったサイト制作のソフトウェアの中には、HTMLなどの拡張子を作成して
データを保存した際に、自動で同じフォルダーの中に、BAKファイル(バックアップファイル)が作成されます。

もし「.html」の拡張子を間違えて削除したり、破損してしまった時は、
予備の「.bak」の方のファイルの拡張子の名前を「.html」に変更して、データを復旧することもできます。

・ホームページビルダーのサポートページの例。

https://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qasearchtop?MAIN=001001014009012

また、インターネットからパソコン上にバックアップしたファイルが消えてしまったり破損した時には、
もう一度エクスポートで同じデータをバックアップされてみてください。

ソーシャルネットワークサービスのデータ救出

次に、インターネットで交流ができるように提供されたウェブサービスである
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS:Social Networking Service)から、
間違って投稿のログを削除したり、アカウントを終了した後で、必要なデータを復旧することはできる?という疑問について。

略称でよく『SNS』、また『ソーシャルネットワークサービス』とも呼ばれるこれらのサービスは、
近年で世界的に有名になり、最も利用者数が多いFacebook(フェイスブック)や、MySpace(マイスペース)、
Twitter(ツイッター)、Mixi(ミクシィ)、LinkedIn(リンクトイン)、「Note」(ノート)、Instagram(インスタグラム)
をはじめ、他にも各国おき、ジャンルおきに大小無数のウェブサイトが存在しています。

まずは、以前に一括でエクスポート(Export)といった機能を用いてそちらでバックアップを取っていれば、
そのファイルから開き直すことで復旧することができます。

ログデータのバックアップの仕方は、各SNSによって異なります。

公開/非公開ページの違いによるキャッシュの有無

SNSのうち会員登録制であるサービスが大半で、新規ユーザー登録で
ログイン用アカウントを取得しなければページが閲覧できないものも多いです。

ですが中にはつぶやき型ミニブログのように、誰でも自由に閲覧可能なページもあり、
またそれらのサービスはその多くがGoogleやbingの検索結果にもインデックスされたり、
アーカイブのサイトなどにも反映されてます。

しかし逆に言えば、mixiのように会員以外は多くの個別ページが非公開状態になっている
ソーシャルネットワークサービスのウェブページは、トップページなどを除いてあまり登録はされません。

そのため、閲覧できるのが会員限定のページで作成したコンテンツは
GoogleやYahoo!Japan、bing、goo、biglobeでは直接的に検索結果に出てこないため、
キャッシュページを開いてログのデータを救出することはできません。

また、ウェブ(World Wide Web)全体にページが公開されていて誰でも閲覧できるSNSでも、
小規模なアカウントは必ずしも検索エンジンやアーカイブのサイトにキャッシュページが残っているとは限りません。

SNSで作ったページのデータを復元するには、基本的に、事前に投稿のログデータを一括で
バックアップ(エクスポート)していた場合や、提携のアプリケーションサイトからの個別ユーザーごとのページの
ログデータを用いて、復活させる方法になります。

XML(拡張可能なマーク付け言語)といったRSS(RDF Site Summary)のフィードが用意されているSNSのサービスは、
別のサイトやメールアドレスに送信した見出しのテキストデータなどが、どこかに残っている可能性もあります。

削除していたデータファイルの修復

ディレクトリから失ったファイルの復元をするには、パソコンやスマートフォンに保存しているテキストエディタや
画像のファイルから引き出して直す方法もあるので、そちらも見直しをされてみてください。

また、サービスがすでに終了していたりしてエクスポートができなかった場合には、
パソコンのハードディスクなどのデータ記憶装置の方も削除していた場合は、専門のデータ復旧サービスに
HDDなどを出して、失ったファイルの復元をしてもらわれることをおすすめします。