サイトやブログのデータシステムの構築ページが破損したら?

現在、ホームページまたはブログサイトを立ち上げて管理されている方は大変多いです。
個人・企業を年齢層を問わずにウェブページの製作と閲覧がとても一般的に浸透してきていますね。

そこで、通常のホームページとブログ形式サイトの両方を作って運営されている方も大変多いかと思います。
あるいは、どちらか片方のみ製作された方も多いかと思われます。

HomePageとWeblogは同じウェブページという種類でありながらも、
htmlファイルをはじめとするデータシステムの保存・投稿・送信の仕方が大分違います。

なので、まずはここが特に注意しなければならない点の一つです。

もしシステムが破損してしまった場合には、いつくかの手順での復元方法があります。

ホームページは基本的にまずレンタルサーバーまたはドメインを契約します。

次にホームページビルダーなどを用いて自分のPCのハードディスクの中で
HTMLページや画像ファイルといったHPを構成するデータベースを作成します。

各ページの組み合わせ方やタグは1ページずつ自由に変更できるのが強みです。
そして完成したらFTP機能などを用いてサーバー元にアップロードして完了です。

ホームページのデータは基本的に全て自宅のPC環境の中での管理になります。

なので、データのバックアップは必ず行うようにしてください。

ですがもし間違って削除や上書きをされてしまうなどのミスをして構成が破損して動かなくなった場合でも、
多くの場合はデータ復旧ソフトや復元サービスの方で、修復ができる見込みがあります。





次にFC2やseesaa、livedoorなど、ブログは基本的に各社のサーバー(DB内)で
DataSystem(全ページ)を管理してもらう事になります。

記事ページやカテゴリページなどが連動的に作成されるので、
ホームページと比べて1ページずつのタグ操作に自由が利かないという点があります。

ですが、かわりにRSSやサイトマップ、ページリストなどの
特殊コンテンツを自動で作成してもらえる強みがあります。

ブログで気をつけなければならないのは画像ファイルなどを除いて全ページが全て
サーバー元のデータベースに保存されている事です。

こちらはうっかり間違って消してしまったり、運営先でDBエラーなどのトラブルが起きて
データが万が一破損されてしまったら元に戻す事ができません。

なので、時々『エクスポート』のサービス機能を使って全ページのHTMLソースを
お持ちのパソコンか、または外付けハードディスク、RAID、NASなどにバックアップをして
いつでもデータ復旧ができるようにしておかれるようにすると安全です。

ブログ移転の際のエクスポート・インポートの機能も大変便利です。

GoogleドライブやOneDrive、iCloudなどのクラウドストレージのサービスに登録してネットワーク上で
同期しているフォルダーのデータが消えたり破損した場合は、パソコンの内蔵ハードディスクドライブか、
オンラインサービスのファイルマネージャーのどちらか片方に正常なファイルが保管されていれば、
そちらを開いてコピーを取る事で拡張子を復元できる見込みもあります。

パソコン上のバックアップファイルが消えてしまったり破損した時には、
もう一度エクスポートで同じデータをバックアップしてみます。

またはサービスがすでに終了していたりしてエクスポートができなかった場合には、
パソコンのハードディスクなどのデータ記憶装置を専門のデータ復旧サービスに出して、
失ったファイルの復元をしてもらわれる事をおすすめします。



『「データベースの修復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»