「ファイル名を指定して実行」で見失ったデータを探せる?

Mircosoft Windows OSのパソコン内のどこかに保存したファイルの収納フォルダの
位置を忘れてしまったり見失ってしまい、どこにいったかわからなくなった場合、

あるいは修正や変更が必要なシステムがローカルディスクのどこかに配置されているはずなのだけど
フォルダの場所がわからない、といった際には、スタートメニューの
【ファイル名を指定して実行】の機能を開いてファイル名を入力する事で調べる事が出来ます。

ファイル名を指定して実行

これと類似した機能はWindowsのオペレーティングシステムにあるエクスプローラーやスタート、
デスクトップ、アプリケーション、ヘルプといった各種ページのほかに、
Mac OS XやUbuntuといった別のOSにも備わっています。





方法は簡単で、[ファイル名を指定して実行]のダイアログボックスを開き、
探したいファイルの英数字名を入力してOKを押し、検索します。
レジストリ関連のツールを開く時などにも大変重宝します。

しかし『~が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。
 ファイルを検索するには、[スタート]ボタンをクリックしてから、[検索]~』

というエラーバルーンが表示される時があります。

これは参照の検索対象となる領域にファイルが存在しない場合や入力を間違えてしまった時に
よく表示されますので、この場合は更に正確かつ広範囲に検索をかけてご入力ください。

すでにごみ箱ツールへの移行などでデータが消えてしまっていて存在しない、
というケースもあるかと思われます。

どうしても見つからない場合は再ダウンロード・インストールを行うか、
専門業者のデータ復旧サービスに出して診てもらう事で多くの場合解決ができます。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»