拡張子ファイルの主な種類と一覧表

拡張子 【extension】とは、コンピューターのプログラムファイルの種類を
判別するための英数字による形式で、ファイル名の末尾にドット(.)を挟んで表示されます。
ファイル名が同じでも、拡張子名が違えば上書きはされずに別のデータとして保存ができます。

拡張子名は三文字の英数字が多く、またソフトウェアなどのツールを使って
開く場合にはソフトがその拡張子に対応している必要があります。

下記にて主に使われている拡張子名を一覧表にてまとめました。

『圧縮アーカイブ』
LZH、ZIP、CAB、ARA、TAR、SIT、LHA、LZS

『画像』
JPG、PSD、BMP、PNG、GIF、CRW、DBF、DCR、RAF、TGA、TIF、WMF、WPB、
X3F、KDC、MRW、NEF、ORF、OCI、EPS、WBM、SCT、EXR、BIN

『映像』
ASF、ASX、AVI、MOV、MP4、MPG、RM、SWF、WMV、AAC、AC3、MMF、OGG、
OMA、WMA、MKV、VOB

『音楽・音声』
MP2、MP3、MID、RA、RAM、WAV、WMVM4A

『メール』
ALM、BMF、DBX、EML、MBX、NA2、PST、WAB、EML

『表計算・テキスト』
XLS、FZD、PDN、FWA、FWB、123、WK4、TXT、XDW、JTD、DAT、PPT

『データベース』
DB、MDB

『ドキュメント』
DOC、PDF、PPT、RTF、

『ウェブページ』
HTML、HTM、SHTML、SHTM、JS

それぞれの拡張子は基本的に、一度削除しても、まだデータ記憶装置には
ファイルの痕跡が残っているので、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
高い復旧率で元に戻してもらうこともできます。





上記の種類以外にも、各アプリケーションソフトウェアが独自に開発された
拡張子ファイルも非常に沢山ありまして、これから先も増えていくでしょう。

これらの拡張子は、Windowsのプロパティ画面で開く「名前を付けて変更」やMac OS Xの「情報を見る」
のウィンドウで拡張子名をうっかり変更してしまうと開けなくなる事が多いので注意してください。

また、ホームページビルダーなどの一部のアプリケーションでは「BAKファイル」という、
バックアップ用の専用データがファイルの保存時に自動的に作成されます。

これら拡張子を親ファイルと同じ拡張子に変更すると、全く同じデータに変わって復元ができます。

基本的にどの拡張子でも、削除してしまったりファイルが壊れた場合は
データ復元専門のサービスセンター店にて復旧をしてもらえます。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»