外付けHDDが認識しない状態から復旧するには?

近年では法人の方だけでなく、個人の方でもPCの容量拡張やバックアップのために外付けタイプのHDDを、リムーバブル・ハードディスクドライブケースを通して外部補助記憶装置として使用されている方も大変多いです。

ポータブル・ハードディスクの接続環境があればある意味、空き容量はいくらでも増やせますので大規模なデータを保存されている方に大変便利で助かる機材ですね。

しかし、外付けHDDをUSBコネクタを通してパソコンに接続して読み込ませる際になぜかマイコンピュータに認識ができずに読み込めないという症状も多いため、そのデバイス上のトラブルの解消方法をいくつかご紹介いたします。

接続の状態を再度チェック

まず、大まかな原因の把握の手段として、自分で今の認識しない状態を確認してみる、コンピューター機器に詳しい知人に診てもらう、パソコントラブルのサポートサービスに診断してもらう、といった方法があります。

ひとまずご自身で修復される場合は、まずは一旦ケーブルと電源コードを外してHDDを一度ハードディスクドライブケースから取り外します。

もう一度取扱説明書やヘルプなどのマニュアルに従って再度、一から設置し直してみます。

その際、念のために、例えばWindowsの場合、パソコン本体の方もコントロールパネルのデバイスマネージャーの画面を開いて、外付けハードディスク(ポータブルデバイス)、または不明なデバイスを削除します。

一度電源を切ってシャットダウンしてから再起動して、もう一度準備が整ったら再びUSBケーブルをポートに繋ぎ直してドライバを読み込ませてみます。




ランプの点滅の状態を確認

ポータブル用のドライブケースにあるアクセスランプがグリーンではなくオレンジ色に点灯していたりと、異常な状態のサインが出ていないかどうか確かめてみてください。

もし外付けHDDケースが、電源スイッチやコントローラーボードの破損などで故障していたら、可能であればケースの外装か取り出し用の蓋を開けてみます。

そして中身のハードディスクドライブを取り出しして、デスクトップパソコンのケース内部のドライブベイに接続して増設のストレージとして読み込んでみたり、ポータブル用のドライブケースを別にお持ちであれば、そちらに付け替えしてUSBデバイスとしてサイド、読み込みを試してみてください。

それでもストレージのデバイスがシステム上やBIOS上で認識しない時は、パソコン本体を変えてみたりと色々パターンを実践されてみると、開ける場合もあります。

これでパソコンのオペレーティングシステムやファームウェアに異常があるか、またはHDDが故障していたりUSBコードがちゃんと差し込まれていない、などの部分で異常が起きているか大体、判別ができるかと思います。

電源ランプが付いていなかったりモーターの回転音がしない、といった不具合が起きていたら、外付けハードディスク本体がやや故障気味で危険な状態です。

HDDは消耗品といわれるほど実は故障に脆く、一度大破してしまうと修理は非常に困難になりますので、早いうちに症状の原因を発見して全データのバックアップと予備ドライブの購入を行われてみる事も大事です。

コンピューターに損壊が発生してしまった場合、マシンの本体のみならず、内蔵のハードディスクまたはメモリーカードなどの交換可能なパーツ、または同じケースに同梱していたり、移動中に座席やトランクなどに一緒に荷物として積んでいた備品のUSBメモリやSDカード、外付けHDDケースといった所持品までもが破損していたかどうかによって、修復の作業の内容や所要時間が、ある程度変わってきます。

どうしてもデバイスに認識できない場合でも、専門のデータ復旧サービスにて、ハードディスクの内部のファイルの方は、分解・スキャンによって回収してもらうこともできます。