SSD メモリディスクがBIOSに認識されない時は?

ハードディスクドライブのかわりにパソコンのマザーボードに接続した
SSD(メモリディスク)が認識されていない、というトラブルについて。

シリコンディスク(ソリッドステートドライブ)はハードディスクドライブとは
また別の記憶装置で、磁気ディスクやモーターやヘッド、アームといった部品は無く
フラッシュメモリ搭載のFlash SSDやRAM搭載のRAMディスクといった種類があります。

SSDとはsolid state drive(ソリッドステートドライブ)の略称です。

HDDよりもさらに高速化が実現し、また低電力で使えて過熱の心配も特に無く、
小型でさらに衝撃の耐性も高い、と非常にメリットの高い記憶装置です。

しかしSSDによってはハードディスクほどのデバイス情報が無く、
パソコンのBIOSで認識できないという場合もあります。

SATAカード等の別の部品をマザーボードに増設して補助しなければ使えない事もありますので、
SSDを購入される場合には動作環境やマザーボードの型番・スペックをよくチェックされてみて下さい。

またACアダプターの駆動を切り替えたり、BIOS(バイオス)の設定画面を
開いて一通り状態を見てから一度再起動して、もう一度起動をお試し下さい。

他には、単純に接続作業時のミスで認識しない、という場合もあります。
メモリディスクのパソコンへの組み立て・取り付けのマニュアルも確認されてみましょう。





SSDを長く使っていてある日、突然パソコンが開かなくなった、
という場合はフラッシュSSDの書き換え回数の限度が来てしまったか、
長時間の連続使用で負荷がかかってしまった、などの可能性も考えられます。

しかしCPUやマザーボード、電源ユニット、ファン、起動ボタン、といった別のパーツも故障は起きるため、
パソコン修理サポートにて一通り診断を受けてみる事もお薦めします。

また、性能の高いメモリディスクでもやはりいつかは寿命が来てしまいますので
データのバックアップは定期的に、必ず保存を行いましょう。

故障したSSDの記録データを引き出したい、という場合にはデータ復旧サービス店の方に注文して、
内部の救出をしてもらいましょう。



『「SSD内部の救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»