誤ったフォーマットで初期化したMOディスクは復旧できる?

現在もパソコンの外部接続型記憶メディアとして普及しています『MO
(Magneto-Optical disk・光磁気ディスク・エムオー)は、最初の段階では『フォーマット』という
初期化するための作業を行わなければデータの書き込み記録ができないため、まずはMOドライブに
ディスクを差し込んでUSBポートから接続してリムーバブルメディアとして認識させます。

次にマイコンピュータを開き、MOのリムーバブルアイコンを右クリック、
そしてフォーマット(A)を実行する事で完了します。
(もしくは、mkfsコマンドを実行してフォーマットを行います。)

以上の作業が完了しましたらMOにファイルを保存できるのですが、その後、稀に一時的な
認識エラーで「フォーマットされていません」というエラーメッセージが出てしまう場合があります。

ここでうっかりフォーマットの選択画面で「はい」と押してしまうと
それまでMOに保管されていた全てのデータが消えてしまいます。

間違えてはずみで押されてしまわないようにくれぐれもお気をつけください。

誤った初期化の操作

ハードディスクドライブと違い外付けの記録専用媒体のため、
「システムの復元」ではMOデータ復旧が範囲外のため元に戻せません。

しかしフォーマットされてしまった直後でしたらまだ完全には消滅しておらず
「消去しました」という情報が書き込まれただけで、痕跡の部分はまだ残っています。

別のOSのパソコンなどの電子機器からフォーマットを掛けてファイルシステムを変更すると、
ウィンドウズやマッキントッシュのパソコンで読み込みできない可能性があるのでご注意ください。




消えたファイルの復元の手法

すぐに市販の「データ復元ソフトウェア」(ファイナルデータや完全データ復元PROなど)を
購入してからインストールして、MOディスクへの読み込みを行います。

アプリケーションのドライブスキャン機能でディスクをチェックして、
奥のファイルが検出できれば、ある程度まで修復させる事ができます。

スキャンに引っかからなかった理、破損した拡張子の状態で復元されるものもあり、何割かのデーターは
元に戻せない可能性もあるのですが、初期化してしまった直後でまだ一回も上書きをしていなければ、多くのファイルは回復できます。

ですが、復元作業の前に他のプログラムファイルなどを上書きしてしまうと
残っていた痕跡がどんどん消えていき、開かなくなってしまいます。

データ復元ソフトウェアを使ってのMO復旧の作業をする際には、
なるべく早めに行われるようにご注意ください。

またこのトラブルは『論理障害』という分類で比較的軽い症状になります。

専門事業として営業されていますデータ復旧サービスに注文を行ってみると、
物理障害よりも安い費用で、多くのファイルを修復してもらうことができます。