フォーマットで削除したデータを復元するには?

パソコンやデジタルカメラ、NAS、サーバ、タブレット端末などのコンピューター製品では、
オペレーティングシステムシステムや設定機能にさまざまな形で
システムやデータをリセットして購入時の状態に戻す「初期化」の機能が搭載されています。

装置に設定されているジャーナリングファイルシステムの形式で「フォーマット」を掛けると、
販売される前の出荷時の段階に基本状態の設定や二次記憶装置が元に戻ります。

これで多くのエラーやアプリケーションソフトの破損が修復されて直るのですが、
しかし、メーカー製のパソコンの内蔵ハードディスク(Cドライブ)や内蔵フラッシュメモリ、
NASのハードディスクなどに保存していたファイルはすべて消去されます。

もし、誤ってバックアップを取っていなかった拡張子が消えてしまったら、
フォーマットを掛けた後でにデータ復旧はできる?という疑問について。

フォーマットのミス

痕跡からの回復

まず、ハードディスクやUSBメモリ、SDカード、SSD、コンパクトフラッシュ、DVD-RWなどの
各種のデジタルデータの記憶メディアは、書きこみしていたファイルが消えてからすぐの段階で
まだ何も新しいデータをフォーマットの上から上書き保存をしていなければ、
多くの場合で拡張子の「痕跡」がセクタに残されています。

画面上の表示ではWindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderなどで
表示されていないのですが、まだ、この痕跡データは残されている事が多く、
ここからサルベージする形でファイルを復元していきます。





普通にファイルを削除した時と違い、丸ごとストレージにクイックフォーマットなどを
実行してしまうと、「ゴミ箱フォルダー」にデータが移動されず直接、ファイルが抹消されます。

ここから修復をするには、個人で行う時は電器店やパソコンショップ、オンラインショップで
販売されています「データ復元ソフト」の購入が必要になります。

「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」、「復旧天使」、「Superファイル復活」
といったアプリケーションがありますのでお使いのコンピューター製品に
対応されたアプリケーションを購入して、パソコンにセットアップします。

ウィンドウを立ち上げて、Dドライブや外付けHDD、SDメモリーカードなどを接続して、
ドライブスキャンを施します。

結果の画面に必要なファイルの名称が検出されましたら、
別のリムーバブルディスクなどにファイルを保存する形で復旧します。

LinkStationやTeraStation、LANDISKなどのNAS製品の場合は、
WindowsやMac OS Xとファイルシステムが異なり、標準ではハードディスクが読み込めず、
「復旧天使」といった様々な形式に対応されている製品が必要になります。

※フォーマットは対象のデータ記憶装置を初期化させてすべてのファイルを消去するため、
元に戻したいデータの数が多いと、必ずしもすべてのファイルが復活できるとは限りません。

また、パソコンに接続・同期ができない別のコンピューター装置の内蔵メモリの領域を
フォーマットしてしまった場合は、ご自身で復元するのが難しくなります。

初期化して削除したデータを自身で修復作業を実行するのが難しい場合や、
より確実にファイルを元に戻したい場合は、データ復旧サービスに
電話で問い合わせて、郵送か持ち込みで出して診てもらわれる事をおすすめします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

»