フリーメールのサービスから消えたデータを復旧するには?

現在、インターネット環境を個人・法人でお持ちの方でしたら、ほとんどの場合で、
プロパイダ先といった電子メール(Electronic Mail)のサービスを、一つ以上所有されることになります。

また、ウェブサイトやブログ、SNSでのアカウントの開設や、レンタルサーバへの登録などで、
大体の場合に必要になるのが、メールアドレス(mail address)です。

大手のポータルサイトで提供されているフリーメールは、機能もセキュリティも充実していて使いやすく、
様々なインターネットでの活動においての、心強い味方となってくれます。

しかしある時に、ネットワーク上の電子メールクライアント(Mail user agent)での操作のミスや、
何らかのアクシデントでメールのデータが消えた場合には、復旧することはできる?という疑問について。

フリーメールでデータを間違えて削除した時に復元するには?

まず、フリーメールのサービス(free E-mail service)は、自宅や自社にて、
デスクトップパソコンやノートPC、スマートフォン、タブレット・コンピューターでの、
インターネット接続への環境をお持ちの方でしたら、誰でも電子メールの独自アドレスを取得することができます。

またこのアドレスを用いて、グーグル、ヤフージャパン、AOL、マイクロソフト、といった、
有名な大手のポータルサービスで提供されているEメールを登録して、取得することもできます。

これらのフリーメールには、誤ってデータを消去した時のためのゴミ箱のフォルダーが設置されています。

間違えて受信トレイや送信トレイのEメールを削除してからも、すぐにはデータの表示がなくならず、
30日間くらいの間はこちらのトレイにファイルが移動されて、消えずに残っています。

ゴミ箱のボックスを開いてから必要なメールを選択して、受信ボックスや送信ボックスに戻す形で復旧ができます。

また、基本的な手法の一つに、メールのデータを一括送信して、パソコンや外付けハードディスクのフォルダーに、
バックアップファイルを保存して、後で開いて復元できるようにする方法もあります。

※パソコンやモバイル端末自体が破損して、フリーメールのアカウントにログインができなくなった時には、
別のマシンでアクセスするか、 コンピューターの修理サービスに出して直してもらうことで、また使用ができます。




主なフリーメール(free E-mail)のサービスの一覧

・Microsoft(マイクロソフト)のOutlook.com
・Google(グーグル)のGmail
・Yahoo!Japan(ヤフージャパン)のYahoo!メール
・AOL(エーオーエル)のAOLメール
・ZOHOのZOHO Mail
・AppleのiCloudメール

レンタルサービスからメールデータを消去してしまったら?

次に、フリーメール(Free e-mail service)のレンタルサービス上で、
不要なメールを抹消する時、うっかり必要なものまで一括で、
ゴミ箱の中身も含めてデータベースから間違えて消去してしまった場合に、対処をする手法について。

まず、自宅や自社で所有されているコンピューターであるパソコンのハードディスクやSSD、
スマートフォンやタブレット端末のSDカードと違い、基本的には消えたデータの復元が難しくなります。

レンタルサービス上のディレクトリなので、直接的に修復するのはほぼ不可能になります。

そのため、貴重な受信メールのファイルにはフリーメールでの保護機能にかけておくと、安全性が高まります。

また、メールデータのバックアップのメモをとっておいて、もし誤って削除のミスをした時に、
後から引き出して復旧できるようにしておくなど、安全に管理をされていくことをお薦めします。

Gmailでデータのバックアップをする手順

次に例として、Gmail(Gメール)でデータのバックアップを取って、後で復旧ができるようにする手順について。

まず、Google(グーグル)のアカウントにログインします。

画面の右上のアイコンマークをクリックして、「Googleアカウントを管理」のコーナーを開きます。

左側のメニューの、「データとカスタマイズ」を開きます。

画面の中間あたりにある、「データをダウンロード」を開きます。

そして画面の下部にある、「メール アカウントのメッセージと添付ファイル(MBOX 形式)。~」
のボックスにチェックが入っていますので、一番下の「次のステップ」を開きます。

「エクスポートを作成」をクリックすると、データのバックアップの準備が始まります。

しばらくしたらGメールに、エクスポート通知の準備完了の、
「Google データをダウンロードできるようになりました」というタイトルのメールが届きます。

そちらを開いて、「ファイルをダウンロード」のボタンをクリックします。

「次へ」を押すと、パソコン上にzipの圧縮ファイルが保存されます。

また、Gmailヘルプといった、各サービスのサポートなども参考までに。

そして、zipのデータを外付けハードディスクやRAIDケース、DVD-Rといった場所に保存します。

メールボックス(MAIL BOX)のフォルダーの容量

次に、ウェブメールの提供サービスで、Eメールのアカウントと管理画面を使い始めた頃は、
受信・送信の数も少なめで、サーバー上のレンタルデータベースに収納されている件数は、
受信箱(Inbox)や送信箱(Outbox)あたりに、数十件くらいで収まります。

ですが、数ヶ月そして数年とフリーメールを使っていくと、
特に受信箱では何千~何万件もの数の、E-mailのデータファイルが溜まっていきます。

Gメールやヤフーメール、アウトルックといった、電子メールの提供サービスで、
メールボックス(MAIL BOX)の最大容量が大変多い、または無制限のサービスがたくさんあります。

その分、データが増えていった時は、フォルダーを別に作成して、
通知先や分野ごとに区分けして管理するのも、一つの整理のコツです。

Gmailで削除した電子メールがゴミ箱に入っていない時は?

また、Gmailといったお使いのフリーメールのサービスで収納できる容量には、
限度が設定されている場合もあります。

空き容量がなくなってしまうほどに、ボックスが受信・送信メールのファイルで埋め尽くされると、
それ以上の受信ができなくなってしまうため、同じく時々、整理を行う必要があります。

同じくゴミ箱の方も、電子メールの保存ができる容量に限度があるのですが、
もし間違えてすべて空にしていて、必要なメールまで消えてしまうと、復旧ができなくなります。

その際には相手先に連絡をして、すでに削除していてゴミ箱に入っていなかった必要な電子メールを、
もう一度メールアドレス宛に、送信をしてもらうほかなくなることもあります。

・エクスポート機能が使えるEメールのサービスでは、時々バックアップして保管する。

・迷惑メールフォルダーと送信済みフォルダーも定期的に、不要なデータを消去する。

・一つのIDではなく、いくつかのレンタルサービスに分散して使い続ける。

・新しくフォルダーを作って、通信相手や分野によって個別に振り分ける。

・オンラインで使用できる、受信拒否フィルターを活用する。

・一方で、重要なお知らせは拒否しないように受信の設定に気をつける。

ほか、送信したメールが戻ってくるエラーを解消するには?という疑問については、こちらのページにて。

また、新しく入手したレンタルサービスのフリーメール(Free e-mail service)で登録した、
メルアドの文字テキストは、メモ帳などにコピーペーストしてデスクトップ上に貼り付けて、
いつでもすぐに開いて使えるようにすると、サービスの登録などでメールアドレスの記入が必要な時に便利です。

ほか、Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)などのウェブブラウザで、
もしGmailが開けない時は、原因としてセキュリティの設定に引っかかっているケースがあります。

一度アンチウィルスソフトを開いて、フィルターを推奨のレベルに抑えてみるか、
またはエッジの「設定」→「Cookieとサイトのアクセス許可」などを開いて、
例えば以前に変更した拒否設定が、まだオンのままになっていないかどうか見直されてみてください。

サービスのIDやパスワードをなくして開けない場合は?

次に、うっかりアカウントやログインに必要なID、パスワードの記入されたメールを削除されてしまったり、
紛失してしまった、あるいは迷惑フォルダーに入っていて気づかず、一週間~一ヵ月後に自動的に、
クライアントのサーバからデリートされていてなくした場合などに、開けない状態から復旧をする方法について。

まず、フリーメールのアカウントの提供先のログイン画面にて、『パスワードを忘れてしまった』という項目欄に、
メールアドレスを記入して送信ボタンを押すと、再発行や確認の連絡通知を送ってもらえるサービスも多いです。

そして、受信箱に送られたEメールに、なくしてしまったり忘れてしまったアカウント名やユーザー名、
またはパスワードの再設定用URLアドレスか仮パスワードが、メッセージで記載されています。

いざという時のトラブルの際には、これらのサービスの機能を活用してアカウントの復活をされてみてください。

消えたメールのデータを予備の分から復旧する

また、規模の小さなフリーメールのサービスが終了してしまうこともあります。

ですが、その際には事前に、別のフリーメールへのデータの移行によるバックアップ機能が提供されて、
また、その連絡のための通知メールが事前に配信される場合があります。

その際には、やはり外付けハードディスクやRAIDケース、NAS、またはDVD-Rに、
期間内にメッセージのデータを一括で、エクスポートで保存されてみてください。

後に、Gmailや電子メールクライアントソフトに、一括でインポートして、
そちらで開き直す形で、間違って削除したり、サービスの終了で消えたデータを、
予備の分から復旧することもできます。

ですが、長期間メールにログインをしていないとサービスの終了を見落としてしまい、
それまでに受信していたデータも消えてしまうため、ご注意ください。

また、以前に受信箱(Inbox/インボックス)から受信したメールや、
作成した送信箱(Outbox/アウトボックス)のメールがどこにあるかわからなくなった時は、
大まかな日付までさかのぼって、だいたいの日時を目安にデータの保存場所を探してみるか、
GmailやYahoo!メールなどにある検索窓の機能を使って探されてみると、すぐに発見することができます。

ほか、パソコンで使用するハードディスクなどが故障してしまい、
前に取っておいた予備のメールデータが開けなくなった時は、
専門業者のデータのリカバリーサービスにて、ファイルの復活の対処をしてもらうこともできます。