iPhone(アイフォン)のメールのデータを復旧するには?

Appleのスマートフォン(多機能型携帯電話)であるiPhone(アイフォン)をお使いの際に、
うっかり間違えて電子メールを削除してしまったり、端末に不具合が出て見れなくなった時には、
どのようにすればデータを復旧することができる?という疑問について。

消えたEメールをゴミ箱から受信・送信や下書きのフォルダーに戻す

まず基本としまして、iPhoneで操作の画面を開くと、
「受信」「下書き」「送信済み」「迷惑メール」「ゴミ箱」「アーカイブ」といった、
いくつかのフォルダーの項目が表示されます。

このそれぞれのカテゴリーの中に、受信したメールや新規作成したテキストが保存されていきます。

もし誤って受信・送信メールや下書きのトレイ(ボックス)にあるデータを消去した時は、
一度 ゴミ箱のフォルダーの中に移動しているかどうかをご確認ください。

そして、ほかのボックスから消えたEメールを手順に沿って元に戻されてみてください。

一方、iPhoneやiPad対応のUSBメモリといった、外部のストレージに一部のデータを移し替えていて、
そちらを間違えて削除した場合には、ゴミ箱には移行されずにそのまま表示が消えてしまいます。

その際には、対象のUSBメモリやSDカードといった補助記憶装置を、
専門事業のデータ復旧サービスに出して、復元の措置をしてもらわれることをおすすめします。




iPhoneの機種変更をする時のメールボックスからの移行

次に、iPhoneを買い替えて機種変更をする際には、
メールボックスのデータの移行をすることで、以前に送信・受信をしたメールや、
その他の連絡帳といったデータを、次の端末に引き継いで使うこともできます。

専用のバックアップアプリを使用して、Eメールなどをコピーして移し変えるか、
またはドコモ(docomo)やauといった携帯電話会社の窓口のサポートで、
内部のフラッシュメモリに残っているデータの移行を行ってもらうことができます。

アイフォンが故障してEメールが開けなくなった時は?

次に、アイフォンの本体の回路が故障して、Eメールが開けなくなった場合の対処について。

まず、iPhoneはパソコンと違い一般の個人では、ケースの内部を開いての修理がほぼ不可能になります。

基本的には、カスタマーサポートなどの修理サービスに出して、直してもらうことになります。

ですが、その際には規則として、内部のEメールを含むデータは初期化の処置ですべて消去されます。

そこで、私設のiPhoneの修理サービスであれば、中身のデータを残したままで、
壊れた基板の修復や割れた液晶モニターの交換といった措置により、直してもらうことができます。




iCloud(アイクラウド)のバックアップの分から引き出す

次に、iPhoneを購入された後で、
AppleのクラウドストレージのサービスであるiCloud(アイクラウド)を、
あらかじめ設定していれば、ウェブ上のディレクトリに、データが自動で転送できます。

iCloudのオンラインストレージに、ネットワーク回線でバックアップされた、
Eメールや写真画像といったファイルは、後で間違えてモバイル端末の同じデータを削除してしまったり、
ケータイの本体が破損して機種変更をする際に、そちらの分から引き出すことができます。

バックアップした分のデータを失った時に復旧するには?

次に、特に必要なメールデータは、コピーやエクスポートの機能で、
パソコンを通して外付けのHDDやRAID、NAS、DVD-Rにバックアップを事前にしておくと、
後から簡単に復旧ができて、メッセージのテキストや添付ファイルを失うのを防ぐことができます。

一方で、パソコンや外付けHDDにバックアップをしていた方のファイルを失ってしまい、
またiPhoneといったスマートフォンやウェブ上のログにも同じデータが残っていなかった時は、
ひとまずそれ以上は、対象のストレージへの新しい拡張子の上書き保存をお控えください。

補助記憶装置のフォルダーから、普通に間違えてファイルを削除しただけであれば、
まだデータの痕跡は、表示されていないセクタの部分に残っている見込みがあります。

また、HDDやメモリーカードが破損した時は、一般の個人ではファイルの取り出しができなくなります。

これらのトラブルが起きた時は、それ以上の通電やデータの保存を行わず、
対象の装置をデータのリカバリーの業者に出して、復旧の対処をしてもらわれることを推奨します。




iTunes(アイチューンズ)を使って不具合からの復元をする手法

次に、iPhoneのiOSに何か深刻な不具合が発生して正常に使用ができなくなった時は、
端末に一旦リセットをかけて、オペレーティングシステムを修復することができます。

ですが、OSの起動自体がリンゴループなどの影響で正常にできなくなった時は、
パソコンにiTunes(アイチューンズ)のソフトウェアをインストール・セットアップして、
付属のUSBケーブルを差し込みして、PC本体と同期設定をされてみてください。

そして、「バックアップと復元」で内部のデータの予備を保管したり、設定の変更や、
iOSにリセットによる更新をかけて、破損した状態から出荷前の状態に戻すことができます。

ほか、iPhone(アイフォン)の記録データは復元できる?という疑問について詳しくは、こちらを参考までに。

メールアプリの問題により、送信したメールが届かない、受信できない、といったトラブルが出た時は、
ソフトウェアのプログラムのアップデートをするか、インストールのし直しをされてみてください。

また、液晶モニターが壊れて画面が一部見れなくなっただけで、電源自体は正常に動く時も、
パソコンとの同期により、一部のデータをバックアップできる可能性もあります。

またiPhoneだけでiOSのリセットができる場合も、データのバックアップは忘れないようにしてください。

データ復旧のサービスセンターに問い合わせて修復してもらう

一方で、バックアップしたファイルの分が他にない状態で、
iPhone上からメールを削除してゴミ箱も空にしてしまったり、初期化をすると、
そのままではどうしても同じデータが開き直せなくなってしまいます。

その際にも、一度アイフォンの端末を閉じてOSのアップデートなどによる上書きがないようにして、
専門のデータ復旧のサービスセンターに問い合わせて、修復をしてもらわれることをおすすめします。