筆ぐるめの住所録などのデータ移行を行うには?

ソフトウェアの開発企業の富士ソフト株式会社から販売されているハガキ作成ソフトウェアで、
筆まめ、筆王とともに高い市場シェアを持つ「筆ぐるめ」を使用する際に、
過去に登録した住所録などのデータの移行をするには、どのようにすればいい?という疑問について。

CSV形式で住所録のデータを移行する手順

まず、パソコンにインストール(Install)した筆ぐるめのソフトウェアを起動します。

住所録(Address book)のデータを一通り打ち込んだ後に、
メニューバーの「保存」を押して、別の形式での保存を選択します。

そしてCSV形式に合わせて「OK」を押して、住所録のファイルを設定して作成します。

このCSVファイルを他のソフトウェア、例えば筆王や筆まめ、またはエクセルなどの、
対応されているソフトで開くことで、別のアプリケーションソフトへのデータ移行が出来ます。

また、はがき制作ソフトウェアで作成・編集した葉書のファイルは、例えば年賀状などの場合、
一年後の同じ年末年始の時期にもう一度編集し直して使い直すと、
宛先住所やメッセージの入力し直しの手間が省けて、大変便利です。

データのバックアップは、パソコン修理関連のサポートで実施されているサービスに頼んで、
一括で外付けHDDなどに代行してもらうこともできます。




筆ぐるめのソフトウェアの機能で編集するには?

次に、筆ぐるめの主な使い方は、住所録を登録して、文字のフォントサイズやレイアウトを選択、
そこから写真や絵などの素材テンプレートの画像を貼り付けて、
年賀状や暑中見舞い、寒中見舞い、喪中の葉書を、デジタル上で作成していくことです。

そして、一度作ったはがきの作品はファイルに保存して、一つのデータとして、
フォルダーに保管しておくことが出来ますので、そこからいつでも編集が可能です。

その際、別のソフトウェアで開く時に、一部のテキストが文字化けしたり、
互換性が合わずに画像がきれいに表示されない、という可能性もあります。

幅広く活用する予定のあるデータの場合は、対象の拡張子は念のため、
段階ごとに細かく別の場所のファイルに保存をされておくことも考慮されてみてください。

ハガキ作成ソフトで使える拡張子の形式とは?

次に、グラフィックソフトなどのアプリケーションソフトウェアの多くは、
それぞれ独自の拡張子名によるファイル形式が用意されています。

ですが、ソフトウェア同士の互換性を高めるために広く普及している拡張子でも、
データの保存ができるソフトも多いです。

筆ぐるめにもまた、そういった互換機能がありまして、
例えばExcel(エクセル)などで使われる、CSV形式で住所録を保存することも出来ます。

また、筆ぐるめの住所録のデータが消えた時に復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

拡張子の上書き保存の際に、他のPCや違うソフトウェアに編集を移行する場合によってはたまに、
テキストや画像の表示の一部が破損した状態で画面に映る場合があるので、
重要なファイルを上書き保存する際には、念のためデータのバックアップを取ることも推奨します。

バックアップしたはがき用のデータを統合するには?

次に、一年間の間になくしてしまったり、いつの間にか削除されてしまわないように、
外付けHDDやUSBメモリ、DVD-Rなどの外部のデータ補助記憶装置に移行、またはバックアップして、
一回作成したハガキのファイルを、しっかりと取っておかれると良いでしょう。

住所録データの内容を統合する場合は、「おもて」→「住所録」「住所録A」→「開く」と進みます。

次に、今度は「住所録B」→「ツール」と進んで、「住所録の結合」を入力して、
データの設定を一通り行ってから、最後に「実行」を押して、完了です。

また、筆ぐるめで作成している住所録の、登録したグループを変更したい時は、
レイアウトの項目から「グループ設定変更」を開いて名称を変更します。

例として、筆ぐるめの操作でUSBメモリへ住所録データをバックアップする方法 の解説も参考までに。

または、新しく名前を付けて新規でデータを保存、という手順で、
アドレスブックのファイルの作成と、その後の保存場所の移行などを試されてみてください。

HDDやSSDから失ったデータを復元してもらうには?

もし、作成していた筆ぐるめの住所録やハガキのファイルを1年の期間中に誤って消去されてしまった時は、
ひとまずゴミ箱のフォルダーを開いて、データが移行されていないかどうかを検索されてみてください。

ゴミ箱にファイルがなかった場合でも、消去してしまった時からまだ早いうちでしたら、
データ復元専門のソフトウェアでHDDやSSDからの検出を試みるか、
またはデータ復旧サービスセンターの方に出して、一定の割合で復元してもらうこともできます。