データの読み込みや書き込みができない時の修復の仕方は?

PCに内蔵されているデータ記憶装置の『ハードディスクドライブ』は
MO・microSDカード・USBフラッシュメモリ・CD/DVD/BDディスク・xDピクチャーカード・
マルチメディアカード・スマートメディアといったデータ記録媒体に新しく
ファイルを書き込みしたり、逆に読み込みをして開くことができます。

しかし、HDDのシステムファイルに異常が起こったり、読み込み用のドライブ機器や
カードリーダーが故障してしまったり、デバイスマネージャーに認識されていない
状態になると、この作業が行えなくなってしまいます。

ファイル書き出しエラーの原因

いくつかのトラブルパターンでの修復方法を記述いたします。

まず、外部接続の記憶装置からデータファイルの読み込みができない場合は、
ドライブ装置やアダプタ・カードリーダーの電源ランプが正常に付いているかご確認ください。

もしランプの色が変わっていたり、消えていたりずっと付いたままの状態でしっかりと
明かりが付いていない場合は、機器の種類にもよるのですが
電源が付いていないか、デバイスの認識エラーが起きている可能性があります。

または一時的な熱暴走でディスクの読み出しができなかったり、
または記憶装置か接続装置・電源コードなどが破損しているケースもあります。




簡単な原因の究明と対処法

まず、しばらくPC装置の電源を切って、時間を置いてから再度接続を行います。

新しく買ったUSBメモリなど、別のデータ保存の装置に差し替えて書き込んでみて、
違うデータ保存のメモリーカードでも開けない時は、「デバイスマネージャ」に認識されているか
コントロールパネルをチェックしてみましょう。

スタート⇒マイコンピュータを右クリックしてプロパティ⇒ハードウェア
 ⇒デバイスマネージャーと開き、USB機器が正常に表示されているか確認します。

不明なデバイスと書かれていたり、「×」「!」「?」とマークが出ていたら
そこの項目を削除して、もう一度USB装置を差し込んで読み込ませます。

OSが開けない場合

パソコンでWindowsのOSが開けずにデスクトップ画面が映らない時は、
電源ボタンを入れてBIOS画面が出た直後にF8キーを数回叩いて
Windows拡張オプションメニューを開いて、セーフモードで起動してみます。

それでもOSが動かない場合は、PCを買った時の箱に付属している
『Windows起動ディスク』をDVDドライブに挿入して、マニュアル手順に従い
『システムの復元』『スタートアップ修復』などの回復コマンドを使ってみてください。

メモリーカードやディスクに深刻な傷や汚れが付いてしまったり、水に濡れて錆びや焼き焦げ、
異物の混入があると、物理的に壊れて残念ながら自分自身では読み込みができなくなります。

また、数千回と書き込んで記憶装置としての寿命が来てしまった時も動揺です。

USBフラッシュメモリやCD/DVDといった保存の装置自体が破損していた場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
プロの技術による記憶装置からのデータ取り出し作業を行ってもらわれることを推奨します。