ファイル管理ソフトウェアのツールとは?

コンピューター上で作成・保存したファイルフォーマットのプログラムや名前を編集したり、
フォルダに整理して取っておく事、またデータ形式(data format)の拡張子を変更するなどの
監修作業を、「ファイル管理」または【データ管理:data management】(データ・マネジメント)と呼びます。

パソコンやサーバーでは無数のファイルとディレクトリ、数多くの種類の拡張子を
取り扱うため、ハードディスクドライブやSSDに収納している容量(使用領域)が
大きくなっていくほど、システム的な保存場所の整理整頓が大変になっていきます。

そこで、これらをユーティリティの機能を用いて統括していくための、
『ファイル管理ソフトウェア』(file management software)というツールが
販売・配布されている事をご存知でしょうか?

また、簡単な整理でしたらWindowsやMacintoshのOSのアクセサリー機能としても搭載されています。

データーを管理する、と一言で表しつつもその用途や目的には様々にあります。





外付けHDDなど別の記憶装置へのバックアップや同期化、ネットワークからのFTP転送、
ファイル変換やデータベースの作成、セキュリティー強化によるプロテクト、
他には家計簿の計算や、はがき作成、破損したディレクトリやファイルの修正など、
あらゆる作業を「管理する」と言えるため、わりと講義的な意味としても使われます。

他にも、端末からコンピューター装置の内部を開いたり書き込みや編纂が出来る権利:
すなわちアクセス権accses right)を設定するなど、オペレーティングシステムの
搭載機能だけでもある程度はプログラムを管理できる部分もあります。

しかしOSのプログラムだけでは不十分だったり、専門のツールでなければ、
出来ない事がありましたら、パソコン関連の店舗や電器店で、それぞれの用途の
ファイル管理ソフトを購入されてみると良いでしょう。



『「セキュリティの設定」のカテゴリーの前後のページ』

«

»