リムーバブルストレージが読み込めない時に復旧するには?

USBコネクタなどに差し込みして、コンピューターの外部から接続して読み込みする
データ記憶装置の一種である「リムーバブルストレージ」(removable storage)には、
USBメモリやSDメモリーカード、外付けHDD、ポータブルハードディスク、外付けRAID、
コンパクトフラシュ、CD-R、DVD-Rとその外付けドライブ装置、と数多く発売しています。

しかしパソコンなどに差し込みをした時に、デバイスが反応したというアイコンのサインの
表示はされるけれどディレクトリが展開できずにファイルを開けない、もしくはアイコンも出てこない、
というような場合には、どうすれば接続の状態を読み込みを復旧できる?という疑問について。

USBメモリー

USBメモリが開かない場合

まず、お使いのリムーバブルストレージのUSBコネクタ(ケーブル)を接続している
USBコネクタをご確認ください。

USB2.0とUSB3.0など、コネクタの色で判別ができます。
別のUSBポートに差し込み直すと、正常に認識されることが多いです。

またパソコンによっては、USBメモリをしばらく差し込みしていると
USBメモリ本体が熱を帯びて、一度外してからすぐにまた差し込み直すと
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderで読み込めない場合があります。

その際には数十分ほど待って装置が冷めてからまた接続すると、復旧して開き直せます。

次に、ポータブルハードディスクのように、ハードウェア本体とUSBケーブルが
取り外しできるリムーバブルストレージの場合は、ケーブルの差込口が
衝撃や位置をずらした際などに外れかかっていないかどうか、お確かめください。

USBメモリを持ち運んで、外部のパソコンで接続した時に読み込みできない時は、
別のUSBポートに差し替えてみて、それでも開かない時は、
マシン本体の正面側だけでなく裏側にもUSBポートがあるかどうか確認して、
または別のパソコン本体がサービスで使用できるかどうかを訊かれてみてください。

パソコンの状態によっては、USBポートにストレージデバイスを接続すると
OSがシャットダウンする場合があります。

コンピューター自体の状態に問題がある時は、システムの修復を試してみるか、
パソコン修理サービスにて直してもらわれることを推奨します。




カードリーダーやドライブ装置の場合

Windowsのエクスプローラーにアルファベットのアイコンが表示されるけれど
アイコンの色が薄く、ディレクトリと中身のデータを開けない時は、
まず、USBカードリーダー/ライターでmicroSDカードやxDピクチャーカード、CFなどを
差し込んでいる時は、カードリーダーの領域だけが認識されて表示されている場合があります。

カードリーダーをパソコンに接続している際、各接続口にデバイスを差し込みしていなくても
複数のボリュームのアイコンが表示されて、その中でリムーバブルストレージを
正常に認識できている箇所だけが、色濃くアイコンが表示されます。

間違えて逆側から差し込みしていたり、間違えた位置に差し込みしていないか確認して、
またお使いの製品に対応されている機器かどうかをご確認ください。

古いカードリーダーでは、microXDSCメモリーカードなどの新しい製品が
対応されていないため認識されないものもあります。

読み取り装置

外付けのCD/DVD/BDドライブをつなげた時、ドライブ装置のデバイス認識するけれど
ディスクが読み込まない場合は、レンズクリーナーのディスクで装置の内部を洗浄して、
また、ディスクの版面に傷や汚れがある時は、研磨機(クリーニングキット)を使うか、
ディスクメディアの修復サービスで版面の修繕をしてもらわれてみてください。

USBメモリやSDカードは比較的壊れやすい媒体で、外で持ち運んでいる最中に、
衝撃で内部の基板か差込口が破損したり、一部が欠けてしまうケースもあります。

ですが、内部の記憶チップが無事であれば、パソコンからは読み込めない状態でも、
まだ保存されているファイル自体はそのまま残っています。

外付けハードディスクの場合は、カートリッジの装置が破損しても。
まだ中身のハードディスク、またはさらにその内部のプラッタ(円板の部分)が
無事であれば、データを読み出しできる見込みがあります。

リムーバブルストレージも、読み取りできるケース(カートリッジ)が壊れてしまうと
個人でファイルを開くのは難しくなるため、その際には、プロのデータ復旧センターに
問い合わせて、中身のデータを取り出ししてもらわれることをおすすめします。



『「リムーバブルディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«