画像ファイルの全コマを消去した時の復元方法は?

デジタルカメラやケータイ専用のmicroSDカードやminiSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、
スマートメディア、またはそれらに書き込まれた写真画像をコピーしてパソコンの中のマイピクチャなどに
新規作成で作った保管用フォルダには、大型サイズの画像ファイル(JPEG/BMP等)や
動画ファイル(QuickTimeムービー等)が何十、何百枚と収納されています。

各ファイルをダブルクリックすると【Windows画像とFAXビューア】といった画面で
写真やイラスト、テキスト、線画を問わずあらゆる画像のイメージが閲覧できます。

撮影や描画に失敗していたファイルはフォルダの空き部分やビューア画面上を
右クリックして『削除』を選ぶか、またはデジカメや携帯電話などの機器に
付いている削除機能を押す事でいつでも削除が可能です。

しかしここでうっかりやってしまいがちな よくあるミスとして、間違って違うファイルを選択して
消してしまったり、全ての画像を全選択してフォルダの中身を丸ごと全コマ抹消してしまうパターンです。

windows OSパソコン(ローカルディスクのエリア内)にあるファイルは削除の後、一旦ごみ箱に
移動されますのですぐには消えず、こちらからコピーやドロップで、元あったフォルダに引き戻せば
すぐに同じ形で復活される事が出来ます。





ただしごみ箱の空き容量が満杯だった場合は直接消えてしまいます。
またD/E/F/Gドライブなど、PC外部の記憶メディアにあるファイルも
ゴミ箱ツールには移行されず、すぐに消去されます。

ですが削除した直後の段階でしたら画面の表示上では消えていてもまだデータの痕跡は残っていまして、
上書きをしていなければ[ファイナルデータ]や[完全復元プロ]などのデータ復元ソフトを用いて、
一度は失ったファイルでも何百枚、何百MBでも元に戻す事が出来ます。

ただし100%すべてが修復できるとは限りません。時間が経ち、後から上書きを行うほど、
元あったプログラムファイルの情報は消えてしまい復元不可能になっていきますのでご注意ください。

また、自分で行うよりは専門のデータ復旧サービスに依頼をした方が確実です。



『「デジタルカメラの写真を復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»