ごみ箱アイコンが消えた時はどうすれば再表示できる?

Windowsパソコンのデスクトップ画面にはいらなくなって削除したファイルを
一時保管しておくための、ゴミ箱フォルダーのアイコンが表示されています。
しかしこのアイコンをうっかり消してしまったり、
いつの間にか消えてしまった場合、どうすれば復元できる?という疑問について。

ゴミ箱の復元手順

まず、Windows Vistaや7、8、10(ウィンドウズ)の場合、
デスクトップ上にアイコンが一つも表示されない状態の場合は、
画面の何もない位置を右クリック⇒表示⇒「デスクトップアイコンの表示」で復活できます。
ゴミ箱アイコンのみが消えている場合は、Windows 10ではまず何もないところを右クリック
→「個人用設定」→「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」で「ごみ箱」に
チェックを入れて、「OK」を押すと、画面上に復活します。





Windows Vistaでは右クリック⇒「個人設定」⇒「デスクトップアイコンの変更」で
ごみ箱のチェックボックスにチェックを入れ、OKを押して完了です。
Windows XP(ウィンドウズ・エックスピー)の場合は、同じくデスクトップ背景を右クリック
⇒アイコンの整列⇒デスクトップ アイコンの表示にチェックを入れて元に戻せます。
またはマイ コンピューターのアイコンを右クリック⇒エクスプローラー
⇒表示されたごみ箱アイコンを「送る」でデスクトップ、と選択して、再表示ができます。
なお、ゴミ箱に入っていたファイルの中にまだ必要なものがあって、誤って空にしてしまい、
後から復元したい、という場合には、パソコンまたは内蔵のハードディスクかSSDを
専門のデータ復旧センターに出して、修復してもらわれれることをおすすめします。