ゴミ箱ツールの削除データを復元するには?

パソコンを日々使っていく中で新しいプログラムファイルやソフトウェアツールを次々と
インストールしていくうちに、Cドライブ(ハードディスク)の空き容量が少しずつ減っていき、
最初のうちはスムーズだったPC全体の処理速度も次第に遅くなってしまうことがあるため、
時々いらなくなったファイルを削除して容量を軽くする必要もあります。

マイコンピュータ画面から右クリックで削除したファイルやフォルダーは一旦
ごみ箱ツールに移動されますのですぐには消えないのですが、そのままだと
空き領域も回復しないため、「ごみ箱を空にする」などで消去します。

しかしここで もしごみ箱に必要なデータファイルまで混ざっていてうっかりまとめて
消してしまった場合、または抹消したデータが後で必要になってしまったり、
ディスククリーンアップの機能からうっかり一括で削除してしまった場合は
どうすれば拡張子を復元して元に戻せる?というご質問についてお答えします。

ゴミ箱ツール内部の修復はあらゆるデータ復旧作業の中でも
最も簡単かつ、成功率も高い作業で、ウィンドウズの「ファイル履歴」の機能や
市販のデータ復元ソフトウェアを使って誰でも復旧を試みることができます。




ゴミ箱内には一度削除した後も大抵はまだ痕跡が残っていますので、
ファイナルデータやファイル復活、完全復元PROなどの各種ユーティリティを
インストールして、ツールの操作に従って回復させることができます。

市販のユーティリティーの方がゴミ箱のデータ修復などの成功率が高く、
対応されている機器やお役立ちツールの数も多いです。

復元したいファイルのみを絞る機能がある製品もあり、今まで消してきたデータを
一気に何百と復活できるので一度使ってみると、その高い効果が実感できます。

また、コントロールパネルにある『ファイル履歴』の修復機能で、以前のバックアップデータから
コンピューター内の特殊フォルダーにあるファイルを元に戻すことも可能です。

Mac OS X/macOSの場合は「Time Machine」(タイムマシン)のバックアップ機能を設定して、
後にファイルを失った時に、バックアップ分からのデータの復旧を行うこともできます。

しかしこれらの方法でも、しばらく時間が経って何度か上書きや消去を繰り返してしまった場合は
痕跡が消えていたり、一部のファイルが壊れた状態で元に戻ってしまうこともあります。

またファイルの種類やシステムの容量によっては一般個人では開かないケースもありますので、
確実にリカバリーさせたい時には専門のデータ復旧サービスで注文をされてみることをお薦めします。

論理障害と呼ばれるパターンですので、比較的安価な費用で復旧作業を請け負ってもらえます。