ゴミ箱から以前に削除したデータファイルを修復する方法とは?

パソコンを仕事や日常で日々使っていると、デスクトップアイコンのゴミ箱(Recycle Bin)のツールには、
不要なデータファイルがだんだん増えていきます。

そのままにしておくと容量を使うので、定期的にデータを一括で削除すべきなのですが、
うっかり必要なファイルまで消してしまったり、あとでやっぱり必要になってきて困った場合には、
どうすれば以前にゴミ箱から消えた拡張子を修復することができる?という疑問について。

ごみ箱のフォルダーからデータの復旧をするには?

まず、ゴミ箱のツールは自分で作成するフォルダーとは違う、
WindowsやmacOS/Mac OS X、Ubuntuや電子メールのサービスなどに、最初からある特殊なフォルダーです。

主に、ファイルブラウザーやダイアログボックスで一回削除されたデータファイルを、この領域に収納します。

内蔵のCドライブや増設したHDDにSSD、また外付けのハードディスクといった、
ドライブディスクの装置のデータが主にここに入ります。

また、ゴミ箱のフォルダーを開いてから対象のファイル名を選択して、右クリックで「元に戻す」を選んで、
後から以前のディレクトリに復元することもできます。




外部の記憶デバイスからはデータの修復はできる?

一方で、USBメモリやSDカード、メモリースティックなどの記憶媒体(Information Medium)は、
「リムーバブルディスク」として扱われます。

これらのストレージに保存されたファイルを、Windowsのエクスプローラーやダイアログボックスで削除すると、
ゴミ箱には移行せずに、データの拡張子のアイコンの表示が消えるので注意してください。

(Macパソコンの場合は、Finderなどの画面からファイルを以前に消去した場合には一度ゴミ箱に移動します。)

ですが、まだデータの痕跡は、画面の非表示部分のセクタに残っている可能性が高いので、
後からファイルを回収できる見込みもあります。

パソコンといったシステムや、NAS、電子メールに配置されているゴミ箱フォルダー(Recycle Bin)から、
まだ必要なファイルが一部、残っている状態で空にしてデータを削除してしまった時には、
「元に戻す」の方法でおおよそ、ディレクトリの画面で表示の消えたファイルを後から修復することができます。

ファイルの痕跡からの復旧をするには?

次に、ゴミ箱のツールから消去してからでも、まだHDDやSSDの中身に痕跡のファイルが残っている可能性があり、
そちらを検出してサルベージをする形で、以前の状態に復旧ができる見込みがあります。

一般の個人では、市販の専門のデータ復元ソフトウェアを使って、
以前にゴミ箱のフォルダーから消えた、ファイルの拡張子のスキャンと復旧の作業を実行することができます。

そのかわり、新しくゴミ箱に捨てる予定のファイルが入ってきて、
別の痕跡に上書き保存される前に、必ずデータ修復を実行してください。

また、Macパソコンのゴミ箱にあるデータファイルの復元を行うにはという疑問については、こちらのページにて。

また、データがゴミ箱のフォルダーに入る容量には、ローカルディスクの10%前後と限りがあります。

設定値を超過すると、古い順にファイルやフォルダーが自動的に削除されてしまいますのでご注意ください。

以前に削除したファイルをデータ復元ソフトで復活させる

また、以前にごみ箱のファイルやプログラム、ショートカットなどが全部消えてしまった場合でも、
上記と同じく痕跡のデータが完全に消去してしまったわけではなく、
データ復旧のソフトを使うことで、その多くを復元して回収できる見込みがあります。

主に「ファイナルデータ」や「完全復元プロ」、「データレスキュー」などの、
有名なアプリケーションソフトを使用して、削除したデータの修復を行う方法もあります。

また最初は試用の体験版を使って、ファイルが検出できるかどうかだけを先に試す方法もあります。

たとえば、ファイナルデータの試用の体験版が役立ちます。

ゴミ箱のフォルダーをスキャンの対象にする場合は、パソコンに直接データ復元ソフトをインストールすると、
ハードディスクやSSDにデータが新しく上書き保存されて、以前にあったファイルの痕跡が消えてしまうおそれがあります。

なので、USBメモリやDVDディスクからのブートによる起動をお薦めします。

プロのデータ復旧サービスセンターで復元をしてもらう

しかし、特殊な機能を使って消去してしまったデータや、ずっと前にゴミ箱から削除したファイルは、
一般の個人では、復元をして開き直すのが難しくなる可能性が高いのでご注意ください。

もし、ソフトウェアを使ってもリカバリーができなかった場合は、プロのデータ復旧サービスセンターにて、
パソコンのHDDやSSDの診断をしてもらい、ゴミ箱から消えたファイルを復元してもらうことができます。

専門のデータリカバリーサービスの事業所に頼んだ方が、より確実的ですので、
どちらかといえば安全性のためにも、ファイルの修復の依頼の注文を取られた方がよいでしょう。