ゴミ箱ツールに残ったデータファイルを完全削除する必要とは?

パソコンにインストールされている、WindowsやMasのOS、Linuxといったオペレーティングシステムで、
ゴミ箱のフォルダー(Recycle Bin)から、セキュリティのためにデータファイルの完全削除を実行するには、
どのように対処をすればいい?という疑問について。

ゴミ箱ツールのフォルダーにファイルが残っている場合とは?

まず、パソコンに内蔵されたハードディスク上(Cドライブ)にあるフォルダーの中に含まれている、
ファイルの拡張子を普通に「削除」すると、オペレーティングシステム上の自動的な仕組みによって、
消したデータファイルは一旦、『ゴミ箱フォルダー』(Trush Box)の中に移動されます。

この中に保管されているファイルやフォルダーは、
ごみ箱のデータの容量がいっぱいになると、次第に古い順から自動的にファイルが消去されていきます。

ですが、パソコンの本体を内蔵のHDDやSSDごと廃棄処分したり、誰かに譲渡する場合や、
またはノートパソコンを貸し出したり他の人に使用を許可する場合は、
念のために事前に「ごみ箱を空にする」などの機能を使って、データを削除しておかれるのが望ましいです。

また、さらに安全性を考慮するためには、データ完全削除のソフトウェアやサービスを使われることを推奨します。




個人用のデータを完全消去するセキュリティとは?

次に、WindowsやmacOSといったシステムにある、ゴミ箱のフォルダーの中にあったファイルは、
例えばパソコンをハードディスクやSSDが入っている状態でそのまま捨てた後で、
もしも悪意のある第三者に拾われた場合、個人用のデータや企業機密が書かれたファイルを見られて、
最悪の場合、個人情報などのデータが悪用されてしまう危険もあります。

オペレーティングシステムのユーザープロファイル(ユーザーアカウント)は、
パスワードを設定して、他人が開けないように保護しておくと、安全度が上がります。

しかし、セキュリティの強化を踏まえて、誰かにパソコンを渡したり廃棄する前には、
もしものことを考えて、すべての個人用データなどの『痕跡』を完全消去して、
誰かに見られないように対処を行う必要もあります。

データを完全削除するソフトウェアとは?

方法としてはやはり、パソコンの専門店や電気店、または通信販売のウェブサイトで入手・購入ができる、
たとえばJungleから発売されています完全ハードディスク抹消といったデータ完全削除ソフトを、
パソコンにインストール・セットアップして、そのツールを使うのがお薦めな方法の一つです。

ゴミ箱フォルダーの中に、画面上で見えない部分でHDDやSSDのセルに残っているファイルの痕跡を、
ツールの機能を使って、データの完全削除の措置をして消していくのと、セキュリティが大きく向上します。

また、メールクライアントソフトや、インターネット上の電子メールのサービスでも、
「ゴミ箱を空にする」の機能がありますので、そちらも使われてみてください。

ハードディスクの物理的な破砕消去による処分とは?

あるいは、出来るようでしたら処分するハードディスクをパソコンから取り出して自分で分解して、
中身のプラッタ(円盤)にキズを付けて読み込めないようにする、という物理的な対処の方法もあります。

または、データ復旧サービスやOAの製品の廃棄処分サービスで実施されている、ファイルの完全消去や、
データ記憶デバイス自体の物理的な破砕消去のサービスにて、安全に痕跡を抹消してもらいましょう。

また、インターネット接続からのデータ完全削除サービスについては、こちらのページにて。

やはり、信頼できる専門の事業に頼んでおくのが、安全でより確実です。

パソコンを処分する前にデータを消去する作業とは?

また、ごみ箱のツールの中だけを完全削除しても、まだPCのディレクトリ(マイコンピューター)などの、
あらゆるフォルダーの位置にあった他のデータも、プラッタ上に大量にファイルの痕跡が残っています。

パソコンやRAID、NASといった周辺機器のストレージを手放す前には基本的に、ハードディスクやSSDを、
全般的に専門のツールやサービスを用いて、すべての領域で完全消去の作業を行うのが安全です。

USBメモリやSDメモリーカード、また携帯電話やスマートフォン、タブレット端末といった小型の装置も、
過去に重要なデータを保存したことがあれば、念のため完全削除をしてもわられることを推奨します。

また、もしもハードディスクドライブやSSDが故障して、内部のフォルダーが開けなくなった時に処分する際にも、
やはり専門事業のサービスで物理的な破砕消去をしてもらい、データを抹消してもらうのがお薦めです。