ゴミ箱ツールのデータを完全削除する必要

パソコンの内蔵ハードディスク上(Cドライブ)にあるフォルダの中に含まれている
ファイルの拡張子を普通に「削除」すると、OS上の自動的な仕組みによって、
消したファイルは一旦『ゴミ箱フォルダ』(Trush Box)の中に移動されます。

この中に保管されているファイルやフォルダは、
ごみ箱の容量が一杯になると次第に古い順から自動的に消去されていきます。

ですがパソコン本体を内蔵のHDDやSSDごと廃棄処分したり、誰かに譲渡する場合、
またはノートパソコンを貸し出したり他の人に使用を許可する場合は、
念のために事前に「ごみ箱を空にする」を使って削除しておかれるのが望ましいです。

ですがゴミ箱のフォルダの中にあったファイルは、例えばパソコンを
ハードディスクが入っている状態でそのまま捨てた後で、
もしも悪意のある第三者に拾われた場合、個人データや企業機密が書かれたファイルを見られて、
最悪の場合、個人情報などが悪用されてしまう危険もあるのです。

OSのユーザープロファイル(ユーザーアカウント)は、
パスワードを設定して、他人が開けないように保護しておくと安全度が上がります。

しかし、セキュリティ強化を踏まえて、誰かにパソコンを渡したり廃棄する前には
もしもの事を考えて、全ての個人データなどの『痕跡』を完全消去して
誰かに見られないように対処を行う必要もあります。





方法としてはやはり、パソコン専門店や電気店、またはサイトで入手・購入ができる
『データ完全削除ソフトウェア』を
パソコンにインストール・セットアップして使うのがお薦めな方法の一つです。

ゴミ箱の中に画面上で見えない部分で残っているファイルの痕跡を
ツールの機能で完全削除するのが良いでしょう。

あるいは出来るようでしたら処分するハードディスクをパソコンから取り出して自分で分解して、
中身のプラッタ(円盤)にキズを付けて読み込めないようにする、という物理的な対処の方法もあります。

またはデータ復旧サービスやOA製品の廃棄処分サービスで実施されているファイルの完全消去や、
データ記憶メディア自体の物理的な破砕消去のにて、安全に痕跡を抹消してもらいましょう。

やはり信頼できる専門業者に頼んでおくのが安全でより確実です。

ゴミ箱のファイルの削除

しかし、ごみ箱ツールの中だけを完全削除しても、まだマイコンピューター(PCのディレクトリ)の
あらゆるフォルダの位置にあった他のデータもまだプラッタ上に大量に痕跡が残っている場合があります。

なので、パソコンを手放す前には基本的に、マイコンピューターを
全体的に専門のツールやサービスを用いて完全消去の作業を行うのが安全です。

もしもハードディスクやSSDが故障して内部のフォルダが開けない時は、
やはり専門業者で物理的な破砕消去をしてもらいデータを抹消してもらうのがお薦めです。



『「ごみ箱の削除後の復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»