Macパソコンのゴミ箱ファイル復元を行うには?

Apple社より開発・販売されていますMac OS Xのパソコンの操作中に
間違えて必要なファイルやアプリケーションを削除してしまったら、
ゴミ箱などからどうすれば元通りにデータ復元ができる?という疑問について。

macOSのごみ箱に残っているデータを回復する手順

macOSのPCでアプリケーションの操作中や保存データー、システムの整理中に
間違えて誤削除をしてしまった時でもまだゴミ箱に残っていますので
そちらを開いて元あったフォルダ場所に戻す事ができます。

また、MacではUSBフラッシュメモリやMicroSDカード、外付けハードディスクなどの
外部補助記憶装置に書き出してる領域のファイルを消した場合も、
一度ゴミ箱に保管されますので、後から元通りに復元できます。

macOSやMac OS XといったMacintoshパソコンの操作でごみ箱の中身を空にしてすべてのファイルを
デリートした後、必要なデータが含まれていた事に後から気づいてしまいこれを修復したい、
という場合は、「Time Machine」(タイムマシン)の標準機能をオンにしていれば、
タイミング次第でこちらから少し前の状態にリカバリーする事もできます。

データの自動更新バックアップが設定できていなかった場合は、
基本的に専用のアプリケーションかデータ復旧サービスセンターでの作業が必要になります。

データ復元ソフトを使ってファイルをサルベージ

専用のソフトウェアを使って直す場合でしたら、AOSテクノロジーズ社の【ファイナルデータ特別復元+Mac対応版】や
アイギーク社の【データレスキュー】(DataRescue)あたりがおすすめです。

Mac OSの拡張フォーマット【HFS+】の記憶メディアもスキャン可能です。

最初は直接Mac OS Xにインストールすると、内蔵ハードディスク(またはSSD)の
Macintosh HD』の領域に新しくファイルやフォルダーが上書きされてしまい
前の削除データの痕跡が消えてしまうため、DVDディスクからのブートで起動をします。

(MacBook Airの場合はsotodukeDVDドライブを接続します。)

アプリケーションを開いてまずは手順に沿ってMacintosh HDのドライブスキャンを行います。

検出結果の一覧にゴミ箱から削除した必要なファイルが表示されていましたら、
外付けハードディスクやUSBメモリーなどの外部データ記憶装置に
ファイルをバックアップして保存して、復元完了です。

ハードディスクの読み込み

不要になったファイルを選択して右クリック操作などでフォルダーから削除した後に、
一時的に消したファイルやフォルダを自動的に移し変えて取っておく特殊な領域である
「ゴミ箱フォルダー」は、Windowsのパソコンだけでなく、
アップルのMacintoshパソコン(マッキントッシュ)のMac OS Xなどにも搭載されています。

また、もともと「ゴミ箱」(Trash)はMacの方で初めに作られたとも言われています。

Macパソコンも取り扱われているデータ復旧サポートセンターでしたら、
より高い復旧率で直してもらう事もできます。

痕跡の確保のためMacのパソコン自体には最初はソフトのインストールをしてはならず、
もし二台以上のMacパソコンをお持ちであれば、搭載しているHDDを取り出して
外付けハードディスクドライブケースに挿入するか、デスクトップパソコンのPCケースの
空いたドライブベイに増設して、セカンダリパーティションとして読み込む方法もあります。

もう片方のパソコン本体のMac OSや、増設した別のハードディスクなどの領域に
データ復元ソフトをインストールすれば安心です。

HDDを取り出して増設するか、外付けドライブケースからUSBコードで
パソコンに接続して読み込ませるため、少し設備の手間がかかります。

やはりMacのゴミ箱の復活のために用意する手間を考えると
DVDブートでの起動がスムーズなのですが、外付けDVDドライブ装置をお持ちでなかったり、
何かの問題があってHDDを換装する際には、製品の保証期間などの事前確認も行てください。

ゴミ箱フォルダーの内部を空にして削除してからあまり長く時間が経過していると、
データの痕跡が後から入ってきたファイル拡張子に完全に上書きされてしまい
直せる確率が下がっていきますので、早めに復帰を行うことが重要です。

もしバックアップ機能やデータ復元ソフトでも必要な拡張子が検出できなかった場合は、
Mac OSXのパソコンに対応されたデータ復旧サービス業者に
問い合わせて、論理障害からのファイルのサルベージを注文されてみることをおすすめします。