ハードディスクへのアクセスが遅い時に修復するには?

パソコンの内蔵ハードディスクドライブ(ローカルディスクC)は、
補助記憶装置の中でも最も容量が大きく、また最もよく使う機器です。

ある程度長くPCを使っていくうちに、次第にアクセスがやたらと遅くなって
最初の頃に比べて読み込みに時間が掛かるようになっていく場合があります。

アプリケーションソフトウェアや拡張子ファイルが増えていくことも理由の一つなのですが、
もう一つの原因として、ディスクの書き込み領域の[セクタ]という部分に、データがまばらに
書き込まれていく『断片化』という現象が起きている、という要素があります。

セクタのあちこちの箇所にデータの一部がそれぞれ保存されてしまい、引き出しの整理が
されていないような乱雑な状況になっているためにこれらのアクセスが遅い状態になってしまいます。

また、外付けHDD、ポータブルハードディスク、RAIDケースなども、頻繁に使うデータを保存して
試用される際には、同様に、通電する回数も多く、摩耗も早くなりがちです。

ディスクデフラグツール

Windowsパソコンでこの断片化を解消するには、
OSのオプションのディスクデフラグツールという機能を使います。

Windows7(ウィンドウズ・セブン)以降の場合は一週間に一回ほど自動的にデフラグが
実行されるように設定されているのでHDDへのアクセス遅延は発生しにくいです。

また外付けハードディスクなどの外部記憶装置で、ディスクデフラグでの最適化が役立ちます。




手動でデフラグを実行する時は、まずデスクトップ左下の[スタート]からコンピューター
⇒Cドライブ(または各記憶装置やパーティション)のアイコンを選択して、プロパティをクリックします。

プロパティ画面を開いたら、[ツール]タブの[最適化する]のボタンを押します。

『ディスク デフラグツール』の画面が開いたら、対象のハードディスクを
一覧から選択して、[ディスクの最適化]ボタンを押します。

そして[実行中]と表示されてセクタの整頓作業が始まりますので、
100%になって終了したら、[閉じる]を押して完了です。

Windows XPでのデフラグ

Windows XPの場合は、スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール
⇒ディスク デフラグと押して、開きます。

まず[分析]を押してHDDの状態を確認し、最適化の必要があるとスキャンの結果が出たら、
次に[最適化]を押して、整理による修復の作業が始まります。

注意として、必ず全てのソフトウェアを閉じてからデフラグすることと、
また最適化には数十分ほどかかることがあるので余裕のある時に行いましょう。

しかし、断片化を直してもハードディスクへのアクセスが遅いままの場合もあります。

その際には、使わないソフトウェアをアンインストールしたり
ファイルを別の記憶装置に移動して容量を軽くしてみましょう。

パソコンの読み込み速度が遅くなるのは、OSやパーツに異常が起きたりスペックが低いのが原因である
場合も多いので、場合によってはコンピューターの全体をシステム・部品ともにチェックしてみてください。