ポータブルHDDがパソコンで読み込みできない時の復旧方法は?

2.5インチのSATAハードディスクが搭載された、小型の外部のデータ記憶装置である、
『Portable Hard Disk Drive』(ポータブルハードディスクドライブ)は、パソコンなどのコンピューターに
製品に付属されたUSBケーブルをコネクタに接続するだけで、すぐにデバイスが認識されてデータが開けます。

ですが、もし急にPCから正常に読み込みができなくなった時には、
どうすれば内部のファイルやフォルダーへの、アクセスの状態を復旧することができる?という疑問について。

フォーマットの違いでデータが開けない時は?

まず、東芝やTranscend社やなどのコンピューター用品のメーカーにて開発・販売されている、
ポータブルハードディスクに掛かっているフォーマットの形式が、すでに別のコンピューターで使われていて、
WindowsやMacのオペレーティングシステムで読み込みできない種類のフォーマットの場合は、
特殊なアプリケーションソフトが必要になることもあります。

ファイルシステムがXFSなどでフォーマットされたストレージは、パソコンに認識自体はできても、
エクスプローラーやFinderでは通常、データが開けませんので、間違えて初期化をされないようにご注意ください。

また、パソコンを再起動してロゴの画面でBIOSの画面を開いてから、ポータブルHDDが、
USBデバイスとしてパソコンに認識されているかどうか、表示の状態を確認されてみてください。




ボリュームが認識されているかどうかのチェック

次に、ポータブル・ハードディスクのボリュームがパソコンやNASのケースのUSBポートから、
正常に認識されているかどうかをチェックして、内部のファイルやフォルダーにアクセスできなくても、
コンピューター自体には読み込まれているかどうかを確認する方法について。

まず、Portable HDDのランプが正常に点灯しているかどうかを見て、状態を確認します。

ウィンドウズのコントロールパネルを開いて、管理ツール⇒コンピューターの管理⇒『ディスク管理』を開いて、
ボリュームが表示されているかどうかを確認します。

もし表示されていない場合は一度USBケーブルを外して、別のコネクタに付け替えします。

また例として、ASK(アスク)で販売されていますApricorn(アプリコーン)製の、
暗号化ストレージといったHDDやSSDの場合は、暗証番号によるロックの解除も忘れないようにしてください。

外観を見て明らかにハードディスクごと壊れていると見られる場合は、それ以上はあまり動かさないようにして、
プロのデータリカバリーセンターにて、ポータブルHDDを見てもらわれることを推奨します。




故障の発生による読み取りの不可が起きたら?

次に、エクスプローラーやBIOSの画面に何も出てこない場合は、故障が発生しているおそれがあります。

近年の外付けHDDの製品は、昔よりも故障が発生しにくいということで安全性に優れたHDDです。

しかし、それでもやはり外部接続型の電子機器で持ち運びの際に強い衝撃を受けたり、落下、水濡れ、
電源からのショートといった物理的な障害に見舞われて、
ハードディスクか、外部のケース、USBケーブルが破損して読み込みできなくなる場合もあります。

特に外への持ち出しの際などには十分に注意して、付属のカバーだけでなく袋などに入れて保管した方が安全です。

また、外付けHDDケースで別の機器のデータも救出できる?という疑問については、こちらのページにて。

ポータブルHDDの内部に保存されているデータを失った時に、復旧をしてもらう際に、
データリカバリーサービスまで持ち運びをする際にも、カバーが役立ちます。

オペレーティングシステム上でデバイスドライバが破損したら?

次に、パソコンのオペレーティングシステムで必要なデバイスドライバがインストールされていなかったり、
または破損している場合は、正常に外部のローカルディスクなどが読み込めない可能性もあります。

その際にはデバイスマネージャーの画面で、エラーが発生してる箇所を一度アンインストールして、
パソコンを再起動してから再度ポータブルHDDのUSBケーブルを接続すると、開き直せる見込みもあります。

ほかにも例えば、パソコンがコンピューターウィルスに感染していたり、
オペレーティングシステムの重要なファイルを誤って削除した場合などでも、エラーが出る可能性もあります。

データのバックアップもなるべく頻繁に行われてください。

ケースからハードディスクを取り出してデータを復旧する手法とは?

また、外部ケースのインターフェースやコントローラーが破損しただけであれば、
中身の2.5インチハードディスクドライブを取り出しして、別のケースに付け替えたり、
ハードディスクをデスクトップパソコンのドライブベイに増設して読み込みます。

ポータブルHDDも通常のハードディスクと同じく、専門のデータ復旧サービスに依頼をして、
読み込みできないファイルの救出の作業を行ってもらうことも、もちろん大丈夫です。

HDDの規格の物理的な損壊が起きた場合は、データ復旧の費用がやや高めになり、
論理的な抹消トラブルの場合は、基本的にややファイルの修復作業の料金も安めになります。