ソフトウェアを初期設定に戻して修復するには?

AppleのMacパソコン(Mac OS X搭載のマシン)にインストールして
セットアップしているアプリケーションソフトウェアが、長い間の使用と
アップデートでいろいろと設定が更新されて、時に不具合が出る場合の修復の仕方について。

使い始めの時の方がソフトウェアを使用しやすかった、という場合や、
何か動作上でのプログラム的な問題が起きた時は、一回初期設定に戻して
また最初の状態から使い直してみるのが一つのおすすめな解決方法です。

(ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトなどはデフォルト状態のままでは
 良くないので、すぐにまた最新版にアップデートする必要があります。)




まず、Macデスクトップのホーム(ユーザ名)からライブラリと進み、
[Preferences] (意味:プレファランス・環境設定)を開きます。

ここに現在インストールしている、あらゆるソフトウェアのプログラムが
収納されたフォルダが一覧で表示されますので、
この中から初期化させて戻したいソフトの名称のフォルダを探します。

そのフォルダの中に、ソフト名+名前の後ろに[Preferences、または.plist、Prefs、
初期設定、環境設定]という具合に表記されているファイルがあります。
この初期設定ファイルを削除すると以前のデフォルトだった時の状態に戻ります。

その後、そのソフトを起動して、必要な物はアップデートをし直したり、
もう一度[プロダクトキー/シリアル番号]を入力したりして設定を更新します。

これでまたうまく便利に使えるようになれば、初期設定への変更による修復は完了です。

またウェブブラウザなどでは、それぞれの設定画面を開いて、機能の調節をされてみてください。

しかし、コンピューターウィルスによる感染や、ファイルの破損で
ソフトウェアの重要な別のプログラム自体が壊れている場合は、
一回アンインストールをして、もう一度CD・DVDディスクなどから
インストールを直さなければならない場合もあります。

Mac OS XなどOSのプログラムや部品自体が重度の損傷をしている場合も同様に、
修理業者でシステムのリカバリー作業を行ってもらう必要も出てきます。